〒220-0012

​横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 

横浜国際協力センター5F

​電話 045-222-1171(代表) FAX 045-222-1187​

対応時間:平日8:45~17:30

​休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

YOKEは、SDGsの取組に賛同します。

​講師派遣

多文化共生に関する研修会やワークショップで、YOKEの職員を講師としてよんでみませんか?

YOKEでは、行政機関、団体などを対象に、研修会やワークショップの講師を派遣しています。

年間約30件の派遣実績があります。

      講師: 当協会職員。外国人当事者とともに出講することも可能です(応相談)。
   講師派遣料: 原則として有料です。

          目安として、1時間あたり10,000円(交通費・消費税込)となりますが、相談に応じます。

          ※当協会への支払いとなります。所得税の源泉徴収は不要です。

          ※派遣人数により、講師派遣料が異なる場合があります。ご相談ください。

          ※当協会から会場までの距離が片道50㎞を超える場合は、別途交通費を申し受けます。

     申込み: 「講師派遣申込書」に記入のうえ、メールでお送りください。
          宛先:yoke(*)yoke.or.jp  送信時は(*)を@に変更してください。
  ​ 申込み期限: 講座希望日の概ね2月前まで
ご依頼・お問合せ: 公益財団法人 横浜市国際交流協会 
WordとPDFがございます。いずれかをダウンロードしてお使いください。

講師派遣・出前授業をご検討中の方は、こちらからお問合せください。

総務課 電話 045-222-1170   

講師派遣・出前講座のテーマ例
多文化共生の推進
*タイトル末尾(  )は、主な対象者 
横浜の多文化共生
1. 外国人とともに地域をつくる~多文化共生社会を目指して~(行政・一般)
2. 外国人と暮らすとは(多文化共生ワークショップ)(行政・一般)
3. 中区・南区・鶴見区における多文化共生(行政・一般)
外国人の人権
4. 外国人の人権(行政・一般)
5. 在住外国人の相談対応 ―多文化共生ワークショップ―(相談対応機関)
外国人への相談対応​コミュニケーション支援
6. 在住外国人ってどんな人?~相談事例から~(行政・一般)
7. 教育現場や行政窓口での、保護者(外国人利用者)との​コミュニケーション(行政・一般)
多言語情報の作成・発信
8. 多言語情報作成~情報作成、外国時当事者が感じていることなどについて~(行政・一般)
9. 伝えるための文章作りと翻訳~市民翻訳者の声より~(行政・一般)
災害時における外国人支援
10. 災害時における外国人住民への支援(行政・一般)
「やさしい日本語」
11. やさしい日本語~効果や使い方など~(行政・一般)
12. コミュニケーションを中心とした日本語学習の実践例 ​~YOKE日本語教室の活動から~(行政・日本語支援者)
外国籍・外国につながる​子どもたち
13. 外国につながる子どもたちの現状と課題(行政・一般)
​外国人の子育て支援
14. 外国人親子との関わりについて(子育て支援者)
地球規模の課題解決
地球規模の課題等
15. 誰もが・安心して・豊かに暮らせる社会をめざして(小学生・中学生・高校生)

○自治体(横浜市内・横浜市外)
○学校(小学校・中学校・高等学校)
○大学(公立・国立・私立)
○団体(財団法人・独立行政法人・NPO法人・任意団体)
○地域日本語教室
○地域子育て支援拠点

2018年度実績

○自治体(横浜市内・横浜市外)
○学校(中学校)
○大学(国立・私立)
○団体(公益財団法人等)
○地域子育て支援拠点

2017年度実績

最終更新日:2019年8月1日