国際機関実務体験プログラム
修了者アンケート調査報告書
平成16(2004)年度の実施以来、「国際機関実務体験プログラム」の修了者が100名を超えました。修了者にその後の進路やプログラムが与えた影響や効果などについてアンケート調査を実施しました。
「国際機関実務体験プログラム」を修了した後も、歴代の実務体験者が主催する「OVER100」で
自発的に活動を続けることができます。
プログラム修了生を
対象にした「OVER100」の活動

​国際機関実務体験プログラム

YOKEは、横浜国際協力センターに入居している国際機関及び市内大学と連携し、国際機関やYOKEでの実務体験(インターンシップ)を通じ、国際協力や多文化共生のまちづくり等について学生に考える機会を提供しています。「誰もが安心して豊かに暮らすことのできる世界」を目指す若者の育成』を図るプログラムです。
横浜国際協力センターに入居する各国際機関で100時間の実務を行います。平成16(2004)年度開始以来、200名を超える学生がこのプログラムに参加し、毎年充実した研修が展開されています。
受入機関:アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)、国際熱帯木材機関(ITTO)、国連食糧農業機関(FAO)
     駐日連絡事務所、シティネット横浜プロジェクトオフィス、特定非営利活動法人 国連世界食糧計画WFP協会
     独立行政法人 国際協力推進機構 横浜国際センター(JICA横浜)、YOKE
​対象大学:神奈川大学、國學院大學、フェリス女学院大学、明治学院大学、横浜市立大学、横浜国立大学
​     YOKEと協定を締結している上記大学に在学している大学生・院生で、国際協力・交流、多文化共生の分野に関心のある学生。学内公募、選抜あり。
実施期間:夏期 8月~9月(2020年度は中止)、春期 2月~3月(予定)、年2回、各期 原則100時間実施
受入人数:8名~10名程度(各期)
2019年度(夏期)
YOKE理事長から修了書を受ける研修生 
2019年度(春期)修了書を手にする研修生
国際機関実務体験プログラムでYOKE研修生の体験報告をこちらから見ることができます。
YOKEは、関東学院大学経済学部と締結している協定に基づき、YOKEが目指すグローバル人材育成目標である『「誰もが安心して豊かに暮らすことのできる世界」を目指す若者の育成』の一環として、グローバル人材育成支援課の事業の実務を学生が体験する機会を提供しています。(平成30(2018)年度より事業開始)
受入機関 YOKEグローバル人材育成支援課
  対象 関東学院大学経済学部在学で「国際機関実務実習」を履修している学生(学部内公募、選抜あり)3名程度
実施時期 8月~10月の間で60時間以上
  内容 グローバル人材育成支援課を中心に上記期間に実施している「たずねよう!横浜国際協力センター」等のYOKE事業
     の実務体験を通じ、グローバルな視野と国際感覚をさらに身に付けられるようにしています。
小学生向け地球市民プログラムの学習資料を企画・作成した
2019年度研修生3名

グローバル人材育成支援課事業実務体験プログラム

 
 
YOKEは平成27(2015)年度より、外務省総合外交政策局 国際機関人事センターの協力を得て、将来国際機関等で働くことに関心を持っている方を対象にキャリア・ガイダンスを実施していました。このガイダンスでは、国際機関(国連機関を含む)で働くための条件や必要な準備(語学力、専門知識、職務経験等)等の具体的な情報提供が行われ、質疑を通して助言も受けられるようになっています。毎年実際に海外の国際機関で働く若手職員をゲストに招き、実体験を語ってもらいました。夏休み期間中に15才以上を対象に、社会人の方にも数多く御参加いただいきました。

2019年度 第5回キャリア・ガイダンスの模様
外務省国際機関人事センター中野課長補佐と国連WFP(世界食糧計画)ルワンダ事務所 

並木政策担当官を講師に招き実施

 実績報告  国際機関で働きたい人のためのキャリア・ガイダンス

最終更新日: 2020年8月28日  担当事業: 地球市民プログラム​事業