新型コロナウイルス感染症拡大に伴う横浜市通訳ボランティアの派遣について(連絡)

05/27/2020

 

 

 

 

 

 

 

 日頃より、当協会の事業に御理解・御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、横浜 市通訳ボランティア派遣事業においては、新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、 5 月末まで派遣を見合わせておりましたが、この度、政府による緊急事態宣言が解除され たことから、今後については、次のとおりの対応をすることとなりました。各機関等にお かれましては、何卒御理解、御協力いただけますようお願いいたします。

PDFはこちらからダウンロードできます。

 

1対面通訳の中止について

 原則として、通訳ボランティアの現場への派遣による対面通訳は見合わせます。

 

2遠隔通訳での対応

 感染拡大が懸念される状況下においても、面談・相談を急務に行う必要性が特に高く、 通

 訳が不可欠であるものに限り、次の方法で対応いたします。

 

 <遠隔通訳の概要>

 1.通訳内容

  従来通り、区役所・小中学校・保育所等での手続き・相談の通訳

 2.通訳場所・使用機器

  ・通訳ボランティアは、派遣窓口(横浜市国際交流協会または一部の国際交流ラウンジ)

   にて、通訳を行います。※通訳ボランティアが自宅で通訳をすることはあり ません。

  ・使用する電話またはタブレットは派遣窓口の機器を利用します。

 3.通訳方法の種類 ※区役所での通訳を例とします。

  ①電話受渡し通訳:

   区役所からの電話を派遣窓口にいる通訳ボランティアが受け、 区職員と外国人が受話

   器を受渡しして通訳を行います。

  ②三者通話通訳:

   区役所から受けた電話を三者通話で外国人の携帯電話とつなぎ、 派遣窓口にいる通訳

   ボランティアが通訳を行います。

  ③その他、場合によってタブレットによる映像通訳を行うケースも考えられます。

   ※映像通訳を行うケースは、通訳を行う際に現場での動きの確認が必要で、かつ、 所

    定の映像通訳用タブレットの利用が可能な場合に限ります。

 4.通訳時間

  1 件あたり 30 分程度。※ただし休憩を挟む場合は、最長 2 時間まで可

 5.通訳ボランティアへの支払い

  派遣窓口への交通費として、当協会からボランティアには行政通訳(一般)2,000 円、

  学校通訳 1,800 円の支払いを行います。また、行政通訳(専門)ボランティアには、 事

  前打ち合わせと併せて 4,000 円の謝金の支払いを行います。

 

3条件付き派遣

  遠隔通訳では対応できない特別な事情のある場合に限り次の方法での対応を検討します。   ・換気のできる空間で、2 メートル以上の間隔をあけて座る

  ・30 分以内 ・当日関わる全員(職員、外国人、ボランティア)がマスク着用、当日朝検

   温により 平熱であること

  ・現場で消毒薬の準備 など

 

4期間

 令和 2 年 6 月 1 日から当面の間

 

5代替手段のお