〒220-0012

​横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 

横浜国際協力センター5F

​電話 045-222-1171(代表) FAX 045-222-1187​

対応時間:平日8:45~17:30

​休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

YOKEは、SDGsの取組に賛同します。

SDGsで目指す2030年の市民社会/野毛坂グローカル

11/12/2018

 

 

 

 

 

 

 

 

「SDGs」いまや様々な活動のキーワードとなっていますが、一方でまだまだ表面的なものになっている危惧もあります。市民目線、地域コミュニティ目線、若者目線での「2030年にSDGsで実現する社会」を考えようとする企画です。

横浜のコミュニティをつなぐメディア:LOCAL GOOD YOKOHAMA、若者がSDGsを考え実践する団体:SDGs-SWYと共催する勉強会です。

(実は順調に参加者が増えています。お越しいただける場合は、早めに連絡をお願いします。)

 

 

第一回の今回は、下記の内容で行います。

1)グローバルな目線から国連本部での経験を踏まえ、SDGs-SWYの髙木超さんから、

2)グローバル&学生目線で慶應大学の和田恵さん、清水瞳さんから、

3)若者目線として、コミュニティデザインラボの鈴木ゆりりさんから、

4)地域コミュニティ目線として、野毛坂グローカルの奥井から、

5)そして、参加者全員のフロアディスカッション

 

-----------------

 日時  2018年11月13日(火)19:00~21:00

 内容 1.「横浜で起きているSDGsの波」

      杉浦裕樹(横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事)

    2.「SDGsでつなぐ、地域と世界」

      髙木超

     (SDGs-SWY代表/明治大学大学院グローバル・ガバナンス研究科(博士後期課程))

      「ミレニアル世代から見た、地域と世界」

      和田恵・清水瞳(SDGs-SWY/慶應大学学生)

    3.「地域コミュニティとSDGs」

      奥井利幸(野毛坂グローカル代表)

    4.「今できるSDGs」

      鈴木ゆりり

     (横浜コミュニティデザイン・ラボ/LOCAL GOOD YOKOHAMAスタッフ)

    5.フロアディスカッション&懇談会

 

 場所 泰生ポーチ(横浜市相生町2丁目52)地図

    関内駅徒歩4分または日本大通り駅徒歩6分

 定員 30名

参加費 500円(ドリンクつき)

 

開催団体 野毛坂グローカル/SDGs-SWY/LOCAL GOOD YOKOHAMAの共催

申し込み方法 野毛坂グローカルに連絡または、FBページ から「参加」クリック

詳細ページ

 

Please reload

特集記事

<学習者募集>YOKE日本語教室 2019年度Ⅰ期

February 20, 2019

1/5
Please reload

最新記事