セブン銀行と横浜市国際交流協会は多文化共生推進を目的とした協定を締結します。










株式会社セブン銀行(代表取締役社長 舟竹 泰昭)と公益財団法人横浜市国際交流協会(理事長 岡田輝彦)は、2018年7月23日(月)に、相互に緊密な連携と協力による活動を推進し、主として横浜市に居住する外国人市民の豊かな生活と、地域社会における多文化共生の推進を目的とした協定を締結いたします。今後、本協定をベースに、横浜市の多文化共生に資する取組を実施していきます。

<協定式について> 日時:2018年7月23日(月)10:00~10:30 場所:横浜国際協力センター5階 共用会議室

<式次第> 1. 協定書取り交わし 2. 株式会社セブン銀行 常務執行役員 大口 智文 挨拶 3. 公益財団法人横浜市国際交流協会 理事長 岡田 輝彦 挨拶 4. 記念撮影

<本協定により連携される事業等> 1.株式会社セブン銀行の運営する多言語対応アプリ等を活用した、横浜市に居住する外国人市民に向けた、公益財団法人横浜市国際交流協会の情報発信及びこれに関連すること 2.その他、多文化共生社会の推進に関すること

問い合わせ先 公益財団法人 横浜市国際交流協会 多文化共生推進課 課長 坂本 淳、担当 由田 弘美  

Tel. 045-222-1173

PDF版はこちらから

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square