聞いてみよう、つぶやいてみよう 多言語情報を作るときどうしてる!?

04/27/2018

 

 

 

 

 

平成28年度 多言語情報作成情報交換会

聞いてみよう、つぶやいてみよう 

多言語情報を作るときどうしてる!?

 

外国人の方を対象とした情報を作るとき「どうしたらいいかな?」と思うことはありませんか?
2016年6月1日(水)に多言語情報作成に携わる参加者が英語圏出身者を交えて日頃感じていることや課題を話合いました。こちらの報告書から、現場ならではの多言語情報作成のヒントや解決策をみなさまに見つけていただき、多言語情報を作る時に役立てていただけましたら幸いです。

 

PDF(5ページ)はこちらからダウンロードできます。

 

 

どうする?どうしてる?どう思う?

固有名詞の訳し方

-------------------------------------------------------------------

 

アルファベットで
「横浜市国際交流協会」なら“ Yokohama Association for International Communication and Exchanges”と訳されているとわかりやすい。

私たちはアルファベットに慣れているので、急いでいる時はアルファベットで探します。

(出身地:フィリピン)

 

ひらがな、カタカナ、漢字が好きです
私は、ひらがな、カタカナ、漢字が好きです。ローマ字は習っていないので、そのまま書いてあると良いです。ローマ字を勉強しなくてはいけないと思っているのですが、私にとっては複雑になります。ローマ字になっていると、日本語なのか英語なのかの判断がつきにくいです。

(出身地:アメリカ)

 

日本語読みをローマ字で書く場合はイタリックにすると日本語読みであることがわかりやすくなります。

(出身地:日本)

 

ローマ字で日本語読みを残す

文字だけ訳しても制度の内容まで伝えることはできない。日本語読みをローマ字で残せば、日本人に理解してもらえるし、(日本語の発音で)言うことができると窓口での手続きがスムーズになったり、制度について口頭で説明してもらえるきっかけになるのでは?

(出身地:日本)

 

日本語読みがわかると、日本人に聞ける

施設やイベントの場所を伝えたいときは、日本人に尋ねてもわかるような訳し方を工夫しています。

(出身地:日本)

 

言語によっては、訳がむずかしい

ラウンジの名称をタガログ語にしようとすると、ちょっと変な感じになることが・・・。

なので、敢えてローマ字にしています。

(出身地:フィリピン)

 

目的に応じて

誰がどのような目的で使用するかで、翻訳するか日本語読みをローマ字表記にするか使い分けた方が良い。例えば、「西本願寺」は勉強するなら “West Hongan Temple”となっていると“ East Hongan Temple”(東本願寺)との関係性も知ることができて、わかりやすいです。でも、観光の場合は“ West Hongan Temple”と日本人に言っても伝わらないことがあるので、“ Nishi Hongan-ji ”となっていた方が便利だと思います。

(出身地:アメリカ)

 

訳しかたの決まりがある名称とない名称

地名は国レベルで訳し方が決まり始めています*。いつも悩むのは施設名称の訳です。その施設が英語のホームページを持っていれば、そこで使われている英語名称を尊重しています。横浜市だけでも施設訳の基本があると良いと思います。「母子健康手帳」は読み方をローマ字で残して、意味も書くと便利です。

(出身地:日本)

*<参考>国土交通省国土地理院

 

漢字圏出身者にはそのままで

中国語圏の人だと漢字がわかるので、ローマ字にせず、そのまま残してもらった方がわかりやすいです。

(出身地:香港)

 

翻訳されていると不便な場合も

施設名称が英語になっていると日本人につたわり