上映会とトークセッション「いただきます みそを つくる こどもたち」

11/13/2017

 

 

 

 

ドキュメンタリー映画「いただきます みそを つくる こどもたち」の上映会とトークセッション

 

FAO(国連食料農業機関)駐日連絡事務所では、11月21日にドキュメンタリー映画「いただきます みそを つくる こどもたち」の上映会とトークセッションを開催します。

映画では、玄米、みそ汁の伝統的な和食で育っていく福岡市の高取保育園の園児を取り上げています。「おいしいものは残さない」。その言葉通り、200人を超える園児からの食べ残しは、ほとんどありません。
映画上映を通して、食べ物の大切さを改めて感じ、また食料ロスの問題についても考えていきます。

上映後には、オオタヴィン監督と、農林水産大臣認定、地産地消の仕事人・椿直樹さん(「濱の料理人」代表・「大ど根性ホルモン」オーナーシェフ) が味覚(うまみ)や学校・地域との連携、自分の手で作る”価値”についてのトークセッションを行います。
 
 日時:2017年11月21日(火)10:00~(9:30~受付・開場)

 会場:横浜情報文化センター 情文ホール 6階 地図

参加費:無料(イベント終了後に、即席お味噌汁をご提供します)

 定員:160名(先着順)

申込み:こちらから申し込んでください。

 問合せ:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所: Tel 222 - 1101

 ■当日のプログラム■

 10:00 開会挨拶 横浜市資源循環局

 10:05 映画上映(65分)

 11:10 トークセッション

 11:45 閉会挨拶 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 チャールズ・ボリコ

 ※その後、ホワイエにて即席お味噌汁をご試食いただけます。

共催:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所、横浜市資源循環局

皆様のご参加お待ちしております。