地域日本語教室との連携

地域日本語教室との連携

日本語を学ぶ 日本語教室で使える教材の紹介 地域日本語教室等との連携 就学前の子どもと親の支援 外国につながる子どもの支援 やさしい日本語

個別訪問事業「まちのにほんご伴走隊」

地域の日本語学習、多文化コミュニケーションを応援します。
​地域の皆さんの活動における課題解決や、新たな活動のスタートに向け、日本語教育等の専門家がアドバイザーになり、YOKEとチームを組んでサポートします。

利用できる団体

・横浜市内で活動する、地域日本語教室や日本語学習支援に関わる団体
・外国人利用者のいる施設など

相談費用

無料

相談場所

みなさんの活動場所を訪問します。

相談例

・(地域子育て支援拠点で)外国人保護者とコミュニケーションが取れません。
​・(日本語教室で)日本語学習者のレベル差が大きく、対応に困っています。

相談の流れ

問合せ・申し込み → YOKE担当者と相談日程調整 → 個別相談(訪問・その他)

アドバイザー

地域日本語教室の実情に詳しい、日本語教室専門家の方々
広く街づくり、子育て支援分野に詳しい専門家の方々

その他

対応可能な団体数に限りがありますので、訪問実績のない団体の方を優先とする場合があります。

まちのにほんごプラットフォーム

~日本語学習や、外国人とのコミュニケーション事例を紹介します~

外国出身の人たちの増加・定住化が進み、学校や職場、ご近所づきあいなど、日常の暮らしの中で多 文化を背景にした様々なコミュニケーションが行われています。
外国人のなかには活躍する人がいる 一方で、言葉や文化の壁などで支援を必要としている人もいます。
「まちのにほんごプラットフォーム」では、「日本語学習」や、日本人・外国人の「コミュニケー ション」に関わる様々な事例を紹介し、皆さんで意見交換・情報交換を行います。
多様な人々が活躍できる地域づくりにむけ、日本人、外国人、活動分野の異なる方々が行き交い、 課題や視点を共有し、ネットワーク作りなど新たなきっかけを得られる場を目指しています。

2017年度 外国人x日本人クロストーク

『ともに暮らす・働く・育てる』を語る―コミュニケーションの視点から―

クロストーク画像

実施内容

〈基調講演〉
「多文化共生に向けて私たちが考えること」
岩田 一成氏(聖心女子大学準教授)
〈発表者〉
介護の現場から
高橋 好美施設長・メアス ペンさん(特別養護老人ホームレジデンシャル常盤台)
学校現場から
横溝 亮先生(横浜市並木第一小学校国際教室担当)
保育現場から
近藤 明美園長(横浜市立潮田保育園)
親の立場から
​中原 範子さん、ファム ミーリンさん

報告書

2016年度「外国につながる子ども・親子を支える現場から」

2016日本語プラットフォーム

実施内容

【第1部】ポスター等によるブース発表
<発表団体>
瀬谷区地域子育て支援拠点にこてらす
多文化共生スポット ワールドキッズ(磯子区・学習支援)
カニタの会(金沢区・保育付き日本語教室)
KANJIクラブ(都筑区・学習支援)​

【第2部】テーマ別グループディスカッション
ファシリテーター:坂内 泰子氏(神奈川県立国際言語文化アカデミア)
<テーマ>
連携・ネットワークを広げるには?
外国人親子とつながるには?
外国人当事者と共に取り組むには?
仲間を増やすには?

報告書

横浜市・地域日本語教室事例発表会

横浜市内で活動する地域日本語教室等の活動紹介等をもとに、多文化共生のまちづくりを目指す日本語支援・外国人支援に携わる機関・団体の取組を共有しました。また、お互いの連携やネットワークを考える機会としました。

2016日本語プラットフォーム

2015年度

【第1部】
地域日本語教育に関わる団体によるポスター発表(市内3・市外1)
<発表団体>
あい♡にほんごクラブ/港南国際交流ラウンジ
日本でくらす会/なか国際交流ラウンジ
日本語教室/つるま読み書きの部屋(大和市・招待団体)
【第2部】テーマ別 グループディスカッション
ファシリテーター:坂内 泰子氏(神奈川県立国際言語文化アカデミア教授)
〈テーマ〉
無理のない活動の秘訣(計画と分析)
学び続ける学習者を支える教室
ゼロ初級者には無理って本当?
教室外の人の巻き込み方

2014年度

基調講演
「多文化共生まちづくり」をめざした日本語教室~発信、対話、そして協働~」嶋田 和子氏

地域日本語教育に関わる団体によるポスター発表~「わたしたちの教室」の魅力さがし~
〈発表内容〉
多文化共生のまちづくりをめざした日本語教室での取組み事例
〈発表団体〉
NPO法人 留学生と語り合う会(RKK)
日本語指導グループ
ユッカの会
日本語教室「Friendsにし」
山手日本語教室「絆」
公益財団法人 武蔵野市国際交流協会日本語コース
(市内4・市外1順不同)

2013年度

【第1部】ポスター発表
〈発表内容〉
多文化共生のまちづくりをめざした日本語教室での取組み事例
〈発表団体〉
金沢国際交流ラウンジ日本語部会
特定非営利活動法人こんにちは・国際交流の会
鶴見国際交流ラウンジ 外国人親子カンガルーサロン
平成24年度教室実習型研修「横浜で暮らす人のための初期日本語教室」 YOKE
【第2部】日本語教育の専門家をまじえたディスカッション
ファシリテーター:嶋田 和子氏

2012年度

基調講演
「誰もが安心して生老病死がおくれる地域をめざして~多文化共生のまちづくりをめざす日本語教室を考えよう~」 春原 憲一郎氏

事例発表団体 
特定非営利活動法人国際交流ハーティー港南台
ラテンアメリカ青少年の会
横浜YMCA学院専門学校日本語学科

2011年度

基調講演
多文化共生の社会づくりを目指す日本語教室を考えよう 石井 恵理子氏

地域日本語教室調査報告

事例発表団体
KANAK神奈川区国際交流の会
NPO法人地球学校
横浜市なか国際交流ラウンジ
神奈川県立国際言語文化アカデミア

日本語ボランティア研修会・教室実習型研修(日本語教室)の実施報告

実際の日本語教室を体験する、日本語ボランティア研修会・教室実習型研修(日本語教室)を、年1回開催しています。ここでは「学習者全員がたくさん話し、お互いに知りあう」ことのできる日本語教室づくりを試みます。研修には、日本人だけでなく、日本語を学んだことのある外国人も一緒に参加し、集まった人の力を生かしあいながら教室の活動を作ります。

実施報告書

2018年度までの「教室実習型研修(日本語教室)」受講者有志によって、日本語教室の企画運営を行いました。その実践記録です。

2018年度の様子
実施の様子(2018年度報告書より)
Print Friendly, PDF & Email
タイトルとURLをコピーしました