新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する横浜市国際交流協会(YOKE)の11月の対応について

お知らせ

日頃から当協会事業に御参加・ご協力いただき、まことにありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、協会運営および事業実施について、以下のとおりといたします。安全と健康を最優先に考えておりますので、皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1協会運営および事業の実施について

*状況により変更となることがあります。


みなとみらい事務所
----------------------------------------
来所時にお願いしたいこと
・最小人数での来所、入所時の検温・手指消毒・利用者確認票の記入、マスクの着用
次のいずれかに該当する方は来所をご遠慮ください
・発熱のある方(37.5℃以上)、息苦しさや強いだるさなどの症状がある方、その他感染の恐れがある方
----------------------------------------
事務業務 
通常どおりです。
協会は新型コロナ感染予防の観点から一部在宅勤務を実施しているため、皆様にご迷惑をおかけする場合があるかもしれませんが、ご理解頂きますようお願いいたします。


横浜市多文化共生総合相談センター 
通常どおり、多言語での相談対応・情報提供を行います。
できるだけ、電話・Eメール・LINEをご利用ください。やむを得ず対面での相談が必要な方は 事前にご連絡ください。
戸籍等翻訳については、受付を予約制で再開しております。必ず事前に電話でお問合せ下さい。
 <来所時にお願いしたいこと>
 ・最小人数での来所
 ・マスクの着用
 ・30分以内の相談
次のいずれかに該当する方は来所をご遠慮ください
・発熱のある方
・息苦しさや強いだるさなどの症状がある方
・その他感染の恐れがある方


主催講座(2020年度Ⅱ期YOKE日本語教室・2020年度前期語学講座)
2020年度2期YOKE日本語教室 実施しています。
2020年度後期語学講座 中止しています。


通訳ボランティアの派遣
原則として、通訳ボランティアの現場への派遣による対面通訳は中止とし、遠隔通訳での対応を行っておりますが、一部の通訳については対面通訳を再開しています。詳細については、お問い合わせください。


広報媒体におけるイベント情報提供への協力
当協会のweb上での広報媒体(ホームページ・facebook・メール配信等)では、「感染防止対策」を講じているもののみ掲載いたします。講座・イベントへは、各施設の新型コロナウイルス感染予防対策に従って参加くださいますようお願いいたします。


多言語情報発信よこはまyokohama11月号
11月5日(木)発信予定です。
イベント情報は新型コロナウイルスの影響で延期、中止になる可能性があります。
参加希望の場合は事前に主催局、団体等へ確認くださいますようお願いいたします。


国際協力センター内国際機関及びYOKEでのインターンシップの実施
「国際機関実務体験プログラム」(夏期) 2020年度8~9月の夏休み期間中の実施及び「グローバル人材育成支援課実務体験プログラム」8~11月実施を中止します。


なか国際交流ラウンジ(中区役所委託)
窓口相談
窓口相談対応(予約制)時間 月・水・木・金・日 10:00~17:00火・土 10:00~20:00(祝日の場合は17:00まで)第三日曜日は休館
日本語教室
対面教室を再開しています。
学習支援教室
小人数の対面教室を7月より開始しています。
Rainbowスペース
少人数の活動を再開しています。


みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ(南区役所委託)
事務業務
通常どおり行っています。
施設運営
研修室等の利用人数は「1m程度の間隔をとる」とし、換気、利用後の消毒を行っています。ミーティングコーナーはパーテーションをはさみ1テーブル2人までの利用としています。
事業
専門相談 パーテーションを設置し、通常の相談日に行っています(予約制)。
窓口相談 ビニールカーテン越しに行っています。
自主事業 3密を回避するため参加人数を少人数としたり、オンラインを活用したりしながら行っています。
※来館時は手指の消毒、マスク着用、検温をお願いしています。


鶴見国際交流ラウンジ(鶴見区役所委託)
事務業務
通常どおり行っています。
施設運営
新型コロナウイルス感染症の対応で入館・利用制限がありますが開館時間は通常通りとしています。
(1)来訪相談受付時間
月曜日~土曜日 9:00~21:00、日曜日・祝日 9:00~17:00
(2)研修室貸出し時間
月曜日~土曜日 9:00~21:00、日曜日・祝日 9:00~17:00 
※定員制限は75%(18名/24名)までに緩和し、窓・扉は解放状態維持等の制限は付与継続
自主事業(学習支援教室等)
(1)学習支援教室:運営は3密を回避してのOn Line授業と、来館(リアル)授業の組み合わせ等で対応中。
(2)カンガルーサロン:活動を再開し、活発化を模索しています。
(3)交流事業:活動を再開し、年度内3~4回程度の催行予定で企画推進中。


横浜市国際学生会館
事務業務
通常通り行っています。
施設運営
登録ボランティアの皆様以外の来館、施設利用をお断りしていますが、スタッフは在室していますので電話・メールで対応いたします(9:00-17:00)。(第4月曜日は休館日。その日が祝日に当たるときは翌日が休館日)
主催事業・交流会
「オンライン会話サロン~留学生と楽しむ国際交流~」を12月まで開催中です。詳細は国際学生会館ホームページをご覧ください。

2感染予防・拡大防止にあたって

・対面での対応の際、スタッフはマスクを着用させていただきます。
・ドアノブ・受付カウンターほか施設について、アルコール液で拭くなどの消毒を強化します
・検温等、スタッフの健康管理に努めます。
・会議や打ち合わせの実施については、書面や電話などの代替案を優先し、必要最小限にとどめます。
 また、部屋の換気、距離を保つなどの配慮をいたします。

3来館される皆様へのお願い

・風邪の症状、37.5 度以上の発熱、倦怠感があるなど、体調がすぐれない場合は、無理せず、来館を控えてくださいますようお願いします。
・マスク着用・咳エチケット等へのご協力をお願いします。
・来館時には手洗い・アルコール消毒、検温、利用者確認票の記入等をお願いします。

Print Friendly, PDF & Email
タイトルとURLをコピーしました