〒220-0012

​横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 

横浜国際協力センター5F

​電話 045-222-1171(代表) FAX 045-222-1187​

対応時間:平日8:45~17:30

​休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

YOKEは、SDGsの取組に賛同します。

September 24, 2019

2019年9月17日(火)に西区地域子育て支援拠点スマイルポートと共催で、外国人保護者向けの講座を実施しました。
横浜市医療局と西消防署にご協力いただき
①「小児救急のかかり方簡易版(外国語リーフレット)」を使用したお話、② 誤飲の対応と実演、 ③119番通報体験を行いました。

まず、医療局のお話から、子どもの普段の様子をよく知っておくこと、かかりつけ医を持つことの大切さを学びました。
また人形を使った誤飲の処置や119番の通報体験を通じて、対応方法はもちろんのこと、困った時に助けあえる人間関係を持つことの大切さに気づかされました。

参...

September 6, 2019

 8月23日(金)15時15分~17時に、横浜国際協力センター6階会議室(西区みなとみらい1-1)にて第 5 回「国際機関で働きたい人のためのキャリア・ガイダンス」(主催:YOKE、後援:横浜市国際局、協力:外務省) を開催しました。当日は定員70名を超える高校生・大学生83名、社会人40名の計123名が参加し、講師とゲストスピーカーの話を熱心に聞いていました。

 講師の外務省国際機関人事センター中野美智子課長補佐からは、国際機関で働くために必要な空席情報の見つけ方や、求められる専門性や語学力、社会経験等の具体的な情報提供とともに、外...

March 22, 2019


 

2019年3月18日(月)、YOKE日本語教室では、4人の見学者をお迎えしました。様々な企業で組織され、人権問題の解決に取り組む団体の皆さんです。多文化共生について学ぶ一環として、日本語教室の各グループに参加し、学習者と交流しました。


90分を過ごしたあと、参加した感想をうかがうと「伝えたいという気持ちが大切だと思った」「自分の当たり前が、当たり前でないことに気づいた」「学習者のみなさんが協力しあっているのが印象的だった」など深いことばをいただきました。自然なやりとりで教室をもりあげてくださり、ありがとうございました。

March 10, 2019


2011年の東日本大震災発災から9年目を迎えました。東日本大震災では、横浜市でも災害対策本部が設置され、「横浜市外国人震災時情報センター」も立ち上がり、通訳・相談業務を行いました。センター業務終了後も、引き続きセンター設置訓練や、震災時語学ボランティアの登録・研修、他自治体との訓練等を引き続き実施しています。

2019年2月13日には、計36名のご参加を得て、「震災時語学ボランティア研修会」を実施しました。



今回は、横浜市民防災センターを会場に、地震シミュレーターなどのプログラムを体験し、横浜市危機管理課 中島担当係長を講師に...

March 8, 2019


修会「子どもによりそう学習支援」(副題)を2019年2月14日、21日、28日の3日間行いました。

第1回(2/14)は、「みんなどうしてる?~わたしたちの『よりそう支援』~」と題して、事前アンケートや横浜市内の支援教室の事例紹介、市教委指導主事の先生からの情報提供、受講者の話し合い等を通して、各自にとっての「よりそう支援」を考えました。

第2回(2/21)は、NPOアーモンドコミュニティネットワーク代表の水谷裕子先生をお迎えし、「子どもに寄り添う学習支援~子どもの心を聴く~」というテーマで行いました。
「寄り添う」とは何かを再考し...

March 5, 2019

2019年2月2日(土)・3日(日)、「よこはま国際フォーラム 2019」が横浜市中区のJICA横浜で開催されました。(主催:よこはま国際協力・国際交流プラットフォーム運営委員会(よこはまCプラット)よこはま国際フォーラム2019 プロジェクト)
同フォーラムでは、国際協力・国際交流・多文化共生・在住外国人支援などに関わる団体(NGO/NPO、行政機関、国際機関、学校など約40団体)が多様な講座(約50講座)を開催。主催者企画として「横浜からSDGs(持続可能な開発目標)を考える」と題したセミナーもありました。当日は天気にも恵まれ、...

February 28, 2019

2019年2月25日(月)YOKE日本語教室で、折り紙を通した市民との交流会を行いました。日本文化を地域の方と共に楽しみながら、日本語を学ぶ、特別活動です。折り方の講師2人の他、横浜に住んでいる日本人の方も参加し、学習者と一緒に折り紙を楽しみました。

テーマは「春を楽しもう」。春のイメージをグループで話したところ、「桜」「お花見」「小鳥」「散歩」「アヒル」など、様々なイメージが出ました。教えてもらった折り紙は、チューリップ、犬や猫、蝶々、こいのぼり等で、皆さん、とても上手に折っていました。自分が折りたい物の折り方を聞きにいく学習者の姿...

February 12, 2019



 

こんにちは。鶴見国際交流ラウンジ日本語学習コーディネーターの井上です。9日に、「みんなで考えよう!~日常生活に必要な情報をもっとわかりやすく~」という講座を行いました。これは、区が行う外国人向け生活情報のプレゼンテーションおよび資料のブラッシュアップを目指すものです。「ゴミの出し方」と「防災」の2つのテーマについて、区職員・日本語ボランティア・日本語教室に通う外国人住民が、同じテーブルで話し合いました。
雪がちらつくなか、34人もの参加がありました。
 内容は、区の方のデモンストレーションに基づいて、話し合いました。「実物や写...

February 1, 2019

横浜市内の11国際交流ラウンジ「日本語分科会」では、日本語事業担当者が情報交換などを行っています。1月25日には、日本語分科会主催の合同研修会を行いました。各ラウンジ日本語教室で活動する日本語ボランティアの方、34名が参加しました。

会場には、日本語教室で学習した経験があり、今は日本語教室でボランティア活動をしている4人のスピーカー(韓国・中国・台湾・ルーマニア出身のみなさん)を迎えました。日本語教室での経験や、日本語学習について、本音を聞きました。日本語教室でよかったこととして「生活に必要な言葉を学べた」「温かく迎えてくれて、自分の...

January 24, 2019

 2019年1月22日(火)に専門通訳ボランティアを対象とした研修会を実施しました。テーマは、「外国人と社会福祉」。講師に法テラス神奈川 副所長 佐藤昌樹弁護士をお迎えし、社会福祉制度の概要や、在留資格による利用の可否について学びました。

 「生活保護は、どの在留資格を持つ人が申請できるのか?」「オーバーステイとなっている外国人が労働災害にあったら?」など、様々なケースについて、事例とともに取りあげました。

 年金や健康保険などの日本独自の制度については、言葉を置き換えるだけでは不十分な場合があり、通訳者もその内容を理解しておく必要があ...

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square