テーマで話す日本語会話教室

2018年10月19日(金)に、「テーマで話す日本語会話教室」(全5回)がスタートしました。 今回の教室の場所はYOKEではなく、桜木町にある横浜市市民活動支援センターです。学習者18人、日本人サポーター5人、外国人サポーター4人、参加する皆さんが一緒に作る教室です。活動内容は、学習者の皆さんが話したいトピックを決めて、自由に会話をします。 第2回目(10/26)は、「私の国の料理」「私の行きたい所」「日本のおもしろい祭り」「小学校」の4つのトピックに分かれて話をしました。どのグループも2回目とは思えないほど、楽しそうな笑いが聞こえてきました。 後3回の教室が、とても楽しみです。全5回の教室が終了後、学習者の皆さんの感想等を、またご報告します。

外国人ボランティア育成講座を実施しました②

横浜市国際局委託事業「外国人ボランティア育成講座」、2つめのボランティア体験では、「横浜マラソン2018」ランパスを務めました。 中国、フィリピン、タイ、フランスなど様々な地域出身の参加者が集まり、山下公園前でランナーの誘導を行いました。(公財)横浜市体育協会職員の方の指示に合わせて、ボランティアで列を作り、ランナーを誘導しました。 お天気にも恵まれ、約28,000人のランナーに「がんばって!」「加油!」「you can do it!」「สูๆ!」と、それぞれの言葉で声援を送りました。 参加者の皆さんは、「腕が痛くて大変だけど、楽しかった!」「新しい仲間ができてよかった」「また是非やってみたい!」と、素敵な笑顔でした。 ボランティアなど地域での社会活動に関心のある方は多くても、日本語でのやり取りに不安があったり、日本語が堪能な方でもなかなか最初の一歩を踏み出すのはハードルが高いもの。YOKEは、そんな方々の活躍の場が広がるような取組みを進めています。

外国人ボランティア育成講座を実施しました①

横浜市国際局委託事業「外国人ボランティア育成講座」を実施しました。 10/20,24,28の3日間で累計49人の方に参加いただきました。 オリエンテーションでは、ボランティア活動のルールや探し方などについて学びました。特に2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでのボランティア参加については、皆さん熱心に聞いていました。 1つめのボランティア体験は、「市内案内ガイド」。 横浜能楽堂や伊勢山皇大神宮などを実際にボランティアガイドの方とまわり、横浜を訪れる人たちに案内する際、どんな準備が必要かを学びました。また、コースプラン作りでは、食べ歩きや見学など、様々なおすすめスポットのアイデアが出されました。 ▶参加者の声◀ -地域で色々な活動がしてみたい! -日本語ができなくても参加できる活動があることを知りました。 -ボランティアガイドの方が、地理や歴史にとても詳しくて驚きました。 -ぜひオリンピックでのボランティアをしてみたい! 紅葉坂の上り下りはちょっと大変でしたが、参加者の皆さんは和気あいあいとツアーガイド体験を楽しみました。

12月 特別講座 なりきり作家のショートエッセイ 参加者募集

自作のショートエッセイをベースに、講師の具体的指導を受けながら、エッセイについて作者 ・読者の双方向で 英語で語り 合いながら、より良いショートエッセイを作り上げます。 日程 12月11日、2019年1月22日、2月12日、2月26日(火) 全4回 時間 18:30 ~ 20:00 会場 YOKE 会議室にて 講師 レベッカ先生 (教育現場で指導経験ある英語ネイティブ講師) 英語レベル 中学校卒業~高校 1 年生程度 対象 英語で伝えようとする意欲がある方 (※授業はやさしい英語で進行) 定員  8 名(先着順)※最少催行人数6人 参加費 4 回分一括 12,000 円/人(初日に現金で一括払い) ※ 資料代含む / 各人英語文章に具体的アドバイス付 ※ 個別申込も、同時に2人でのグループ申込も可 ※ 欠席されても返金はありません。 申込み 11月6日(火)9:00(火)~TEL・E-mailにて 電話045-222-1174 E-mail college☆yoke.or.jp (送信時に☆を@にしてください) --------------------------------------------------------------------------------------- 参加者は事前に課題の提出があります。 11月30日(金)12:00 までに WORD データで 自作エッセイ文章(英語)をメール提出してください。 -Example Essay- "What is happiness?" Short Essay Example Everyone has a dif

SDGsで目指す2030年の市民社会~SDGsでかいた汗は、どこへ行く?~

「SDGs」いまや様々な活動のキーワードとなっていますが、一方でまだまだ表面的なものになっている危惧もあります。市民目線、地域コミュニティ目線、若者目線での「2030年にSDGsで実現する社会」を考えようとする、横浜から発信する企画です。 第一回の今回は、 1)横浜の市民セクターから見たSDGsを横浜コミュニティ・デザイン・ラボの杉浦裕樹さんから、 2)グローバルな目線から国連本部での経験を踏まえ、SDGs-SWYの髙木超さんから、 3)グローバル&学生目線で慶応大学の和田恵さん、清水瞳さんから、 4)若者目線として、コミュニティデザインラボの鈴木ゆりりさんから、 5)地域コミュニティ目線として、野毛坂グローカルの奥井利幸さんから、 6)そして、参加者全員のフロアディスカッション を行います。 次回は、今回参加いただいた人をリソースパーソンとして行きたいです。 ぜひ、ご参加ください。 詳細は、こちらをごらんください。 日時 2018年11月13日(火)19:00~21:00 内容 1.「横浜で起きているSDGsの波」      杉浦裕樹(横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事)    2.「SDGsでつなぐ、地域と世界」      髙木超(SDGs-SWY代表/明治大学大学院グローバル・ガバナンス研究科(博士後期課程)) 「ミレニアル世代から見た、地域と世界」      和田恵・清水瞳(SDGs-SWY/慶應大学学生)    3.「地域コミュニティとSDGs」      奥井利幸(野毛坂グローカル代表)    4.「今できるSDGs」      鈴木

第14回MIFA国際交流フェスティバル

MIFA国際交流フェスティバルは、当協会の活動を目黒区民をはじめ多くのかたに知っていただくとともに、国際的な雰囲気の中で地域の国際交流・国際相互理解を深めることを目的に、平成18年から毎年開催しているもので、今回で14回目となります。 例年おおよそ2,000人の来場者を迎える当協会最大のイベントで、区内の大使館や国際交流団体、企業等の幅広い参加があります。企画・運営は200名を超えるボランティアが中心となって活動しており、当協会がもつ豊富な人材とネットワークを生かして今年度もフェスティバルを実施します。 第14回テーマ 「フェスティバル!めぐろで世界を旅しよう!」 日時 2019年1月20日(日)10:00-16:00 場所 めぐろパーシモンホール(目黒区八雲1-1-1) めぐろ区民キャンパス公園(目黒区八雲1ー1ー12) 内容(予定) 区内大使館、国際協力・交流団体等の出店 ・大使館職員や各団体と来場者との交流 ・大使館や各団体による各国料理・物産の展示販売 各国の料理販売(レストランが出店) 日本伝統文化体験(いけばな 茶道 きもの着付け 習字 囲碁) ドリンクコーナー 防災PR 世界の文字 ミニ日本語会話サロン スタンプラリー 台湾茶道 世界各国の音楽・舞踊・歌等の舞台芸術紹介(大ホール舞台) MIFA活動展示 子どもコーナー ボランティア 準備ボランティア、当日ボランティアを募集しています!こちらをご覧ください。 ※フェスティバルの詳細につきましては、こちらのサイトをご覧ください。

第21回チャリティコンサート ~オペラとダンス トークで紡ぐ午後のひととき~ “心をつなぐコンサート”/国連ウィメン日本協会よこはま

音楽を通じて、国連ウィメン日本協会よこはまの活動紹介と、女性たちのエンパワメントを目指して活動するUN Women(国連女性機関)の普及を行う。収益金は、アジアの女性や世界の女性たちの支援プロジェクトの資金として役立てられます。 日時 2018年11月21日(水)14:00開演(13:30開場) 場所 戸塚区民文化センター さくらプラザ ホール 地図 対象 一般市民 定員 総座席数451席 車椅子席6席 親子席6席 参加費 前売り/当日共2,500円/1 枚 (全席自由) 問合せ・申込み先 1.申込み(TEL・FAX又はEメール) ・国連ウィメン日本協会横浜 事務局申込み TEL・FAX:045-869-6787 Eメール:unwomenyokohama☆extra.ocn.ne.jp(送信時に☆を@にしてください) ・湘南Opera 事務局(TEL・FAX又はEメール) TEL・FAX:0467-25-5990 Eメール:shonanopera☆gmail.com(送信時に☆を@にしてください) 2.直接購入 ◆女性フォーラム内「ウィメンショップ」 (11:00~16:30) ◆さくらプラザ ホール受付  直接購入可(9:00~21:00) その他 出演者 ・ソプラノ 松井美路子(二期会会員) ・テノール 澤﨑一了(藤原歌劇団) ・ダンス  滝沢由佳 (元劇団四季) ・ピアノ  緒形宏子(計 4名) 演奏曲目 「蝶々夫人」より“ある晴れた日に”、「椿姫」より“乾杯の歌” 他「蝶々夫人」より“ある晴れた日に”、「椿姫」より“乾杯の歌”、他 出演は実力者ぞろいの豪華メンバー、きっ

インドネシア2018アジアパラ・横浜パラスポーツ写真展

10月23日(火)より28日(日)まで、横浜市南区役所1F・多目的ホールにて行われる「秋のスポーツ展◆オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ」のパラリンピックのコーナーで、「インドネシア2018アジアパラ」と横浜のパラスポーツ写真のなかから40点をセレクトし展示いたします。 来年から、これらのスポーツが私たちの横浜でも大規模に、短い期間で会場となり行われます。とりわけ「パラリンピック」をはじめとする障がいのある人のスポーツ「パラスポーツ」は、テレビで報じられるようになってきたものの「どこで」「だれが」という面で、地域ではまだまだ馴染みがないのではないでしょうか。 今回の写真は横浜市南区役所での展示になります。パラリンピックムーブメントによる効果を高めるには2020東京からの発信に加え、より地域住民に近いところで関わる選手やスタッフ、取材者などと直接の交流をもち伝えることが有効と考えます。 今回はアジア最高峰のパラスポーツ大会「アジアパラ」に出場した同じ地域で活動する選手の存在を知らせることを課題としてこのたびの展示をこころみました。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご都合がつきましたらぜひ、会場へお運びいただける機会がありましたら幸いです。 会場 横浜市南区役所 1F・多目的ホール 地図 アクセス 横浜市営地下鉄阪東橋駅徒歩4分 所在地 横浜市南区浦舟町2-33(南区総合庁舎内) <トークイベント> ◆27日(土)15:00~ ・アジパラ取材報告    パラフォト 現地取材記者 久下真以子、新部遥希  ・電動車椅子サッカードキュメンタリー「蹴る」映画完成

中村敦夫 朗読劇 線量計が鳴る -元・原発技師のモノローグー/WE21ジャパン

東京電力福島第一原子力発電所の事故から7年あまり。今もなお4万6000人もの人々が避難生活を余儀なくされています。現状が改善せれない中、人々の原発事故への関心は徐々に薄れつつあります。中村敦夫さんが演じる元原発作業員の老人は、事故がなぜ起きたのかその背景と本質を明らかにしていきます。中村さんが少年時代を過ごしたいわきの訛りで語る原発への怒りが、私たちの胸に深く突き刺さります。是非ご参加ください! 日時 2018年11月28日(水)14:00(開場13:30) 場所 スペースオルタ 新横浜駅より徒歩6分 オルタナティブ生活館地下1階) 参加費 2,000円(全席自由 当日券はございません) 主催 WE21ジャパングループの11地域のNPO法人     いずみ・旭・せや・ほどがや・とつか・なか・みなみ・いそご・港南・さかえ・ よこすか 後援 NPOWE21ジャパン、スペースオルタ チケットのお求め・問い合わせ NPO法人WE21ジャパン  TEL:045-264-9390 Email:morita☆we21japan.org(送信時に☆を@にしてください) プロフィール 中村敦夫 1940年東京生まれ。 幼少期に福島県に疎開し、小中学校を過ごし、東京に戻って都立新宿高校を卒業、東京外国語大学に入学。演劇に興味を持ち大学を中退、劇団俳優座に入る。1965年ハワイ大学留学、帰国後は劇団を退団して、TV界へ進出した。 その後数多くのドラマに主演、脚本や演出でも活躍、ニュースキャスターを経て、1998年、参議院東京選挙区から立候補して当選。日本最初の環境政党を作

「外国人留学生と横浜市内企業の交流会 Work in YOKOHAMA」 参加者募集

横浜の企業で働きたい留学生を、横浜市が応援します! 留学生の採用に関心がある横浜市内の企業の方と、気軽に交流できるチャンスです。 留学生の企業インターンシップ体験も聞くことができます。 2017年度開催時の様子 1 2017年度開催時の様子 2 2017年度開催時の様子 3 日時 2018年12月3日(月)16:00-18:30(開場15:30~) 会場 横浜国際協力センター6階会議室(西区みなとみらい1-1-1パシフィコ横浜) 地図 アクセス みなとみらい線「みなとみらい駅」下車/ JR、市営地下鉄「桜木町駅」下車  対象 留学生(横浜市内の大学・大学院・専門学校に通う方。学年は問いません。) 定員 40名程度 *先着順(事前申込制) 内容 *企業の講演(外国人を採用している企業による講演) *留学生の講演「インターンシップ参加経験のある留学生による講演」 *企業と留学生の皆さんとの交流(軽食有) など 参加企業 横浜市内の企業 留学生の採用実績または採用に関心があり、東南アジア等進出済みまたは進出意欲を 有する企業等。 <参加予定の企業> 株式会社オオスミ 株式会社グーン 株式会社テレコム 株式会社野毛電気工業 株式会社ファンケル (企業名五十音順) 2018年11月19日現在 参加費 無料 言語 日本語で行います 申込み こちらのメールフォームからお申し込みください。 問合せ 公益財団法人 横浜市国際交流協会(YOKE) 留学生・企業交流会係 TEL:045-222-1173(月~金 9:00-17:30) メール:f-student☆yoke.or.jp (送信時に☆

日本語指導ボランティア養成講座―実践編―

日本語の学習を必要としている外国人の方がたくさんいます! これから外国人に日本語を教えたい方 ・外国人に日本語を教え始めた方 ・日本語教室(東戸塚)で教えたい方 ★ 外国語が話せなくても大丈夫です! ★ 日本語を日本語で、外国人に指導する方法を学びます。 ★ 日本語を見直すきっかけにもなります。 日時  11月2日、9日、30日、12月7日、14日、2019年1月11日、25日 14:00~16:00 ※1~7回金曜は確定、2~3月に3回金曜開催予定。(詳細は別途連絡) 場所 とつか区民活動センター(モレラ東戸塚 3 階) 地図 (都合により会場と時間が若干変更になる場合があります) 講師 浅倉美波 定員  20人(抽選)(催行人数:15人) 注)日本語指導教育の受講・指導経験者を優先します 受講料  10,000円(全10回・資料代等含む) 申込み 抽選制 参加希望者は、往復はがき、メールにて下記までお申し込み下さい。 〒244-0805 戸塚区川上町 91-1 モレラ東戸塚 3 階 とつか区民活動センター内 メールボックス番号5 <連絡事項> 1郵便番号 2住所 3氏名 4年齢 5性別 6電話番号 7今後の抱負(簡単に) ボランティア参加の可否をお書きのうえ、 ※抽選結果は10月30日(火)までにお知らせ致します。 しめきり 2018年10月26日(金) その他 *この講座はとつか区民活動センターのご協力を頂いて開催します。 *とつか区民活動センターへのお問合せはご遠慮ください。 *この講座の収益の一部は、国際交流・ボランティア活動に使われます。 国際交流グループ “わ”ホ

平塚市外国人等の就職相談会

介護の仕事に興味のある方、介護事業所等に就職・転職をお考えの方、福祉事業所の採用担当者と直接お話をするチャンスです!施設のこと、仕事内容、求人状況等、なんでもご相談ください。 日時 2018年11月6日(火)13:00~15:30 場所 平塚市勤労会館(JR平塚駅(ひらつかえき)より徒歩15分)地図 対象 神奈川県内に住む外国人等で、介護関連事業所で働く意欲がある方、就労資格がある方 参加費 無料 問合せ・申込み先 (公社)横浜市福祉事業経営者会 TEL: 045-846-4649 横浜市福祉事業経営社会ホームページ

Viva110!横浜で祝おうブラジル移民110周年

ブラジル移民110周年を祝うイベントが開催されます。 みなさま、ぜひご参加ください。 入場無料 日時 2018年11月11日日曜日 14:00~17:00 会場 JICA横浜センター体育館 地図 内容 記念ステージ・ショー    「ブラジルと言えばサンバ!」    「ブラジル音楽」    「和太鼓」    「伝統の格闘技カポエイラ」    「最初の移民の地ハワイ フラ・ダンス」    「全員参加ジャンケン大会」 ほか サイド・イベント    絵画展 「ブラジルへ向かった移民船たち」    写真展 「遠くて近い国 ブラジルの素顔」 ブラジル料理を召し上がれ!    パステル、ポンジケージョ、シュラスコ、フェジョアーダなど 詳細はこちらをご覧ください。

外国につながる中学生&高校生・保護者のための大学進学ガイダンス&キャリア支援セミナー/ABCジャパン

参加したい人は、電話かメールで申し込んでください。 通訳が必要な人はお知らせください。 参加費無料 日時 2018年10月14日(日) 10:00~15:00 場所 ココファン横浜鶴見1F (鶴見区鶴見中央3-19-11) 内容 ・多言語版「大学進学ガイドブック」を使ったガイダンス ・大学生の先輩の体験談&フリートーク ・外国にルーツを持ち社会で活躍する人の話 ・大学&専門学校の紹介 ・教育ローンの説明と個別相談 主催 NPO法人ABCジャパン

国際学生会館では、事業アルバイトを募集中です!

国際学生会館は、横浜市が開設した外国人留学生・研究者等の宿泊施設で、公益財団法人横浜市国際交流協会が指定管理者です。 学生会館では今、留学生と市民との交流事業や、留学生支援事業の運営を補佐する事業アルバイトを募集しています。 詳細は学生会館ホームページをご覧ください。

みんなの「わっ!」フェスタ開催

みなみラウンジに登録し、活動している団体や南区街の先生等が主体になって、交流を図り、さらなる活動の輪を広げようと毎年開催する多文化プログラム満載なお祭りです。 ―子どもから高齢者まで、日本人も外国人も楽しめるイベントです― ぜひご家族や友人もお誘いの上皆さんでお越しください。 日時:11月11日(日)11:00~15:00 場所:みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ 地図 〇世界のお茶の無料試飲 〇世界の料理 〇ステージパフォーマンス(世界の踊り、楽器演奏など) 〇外国人による日本語スピーチ発表 〇日本の振袖、チマチョゴリなど民族衣装の着付け 〇市民活動団体や街の先生の 体験講座 電話 045-232-9544 YOKEは南区から委託をうけて、みなみ市民活動・多文化共生ラウンジを運営しています。

留学生によるスピーチ大会&交流パーティ

カメルーン、韓国、コロンビア、台湾、フランス(予定)の留学生が、なぜ日本を留学先に選んだのか、日本へ来て感じたことや日本人について思うこと、留学生活の苦労や楽しさ、将来の夢などを、日本語または英語で語ります。スピーチ大会のあとの交流パーティには、学生会館の入居者が多数参加します。 日時 10月20日(土) 13:30~スピーチ大会、15:10~16:00交流パーティ 場所 横浜市国際学生会館 3階ホール  対象:中学生以上 定員 30名(先着順) 参加費 1,000円(軽食つき) 中高生は500円 申込み 10月6日(土)9:00より窓口または電話にて 横浜市国際学生会館 電話 045-507-0318(申込み) 045-507-0121(問い合わせ) FAX 045-507-2441 〒230-0048 横浜市鶴見区本町通4-171-23 地図 http://yoke.or.jp/yish/access.html ホームページはこちらをご覧ください。 横浜市国際学生会館は、留学生等への宿舎提供と市民の国際理解を目的として、横浜市が開設し、YOKEは指定管理者として運営しています。

留学生をかこむ語学サロン/横浜市国際学生会館

「語学サロン」は、学生会館の留学生をかこみ、英語/フランス語で自由に会話を楽しむイベントです。レベル別に少人数に分かれ、国際交流をしながら語学力を磨くチャンスです。レベルが合わないと感じたら変更できるので、安心して参加できます。 日にち 10月13・27日、11月10・17日(土)  時間 英会話サロン <午前の部>11:00~12:30 <午後の部>13:30~15:00     フランス語  11:00~12:30  場所 横浜市国際学生会館 3階ホール  対象:16歳以上  定員 英会話サロン 午前の部25名、午後の部50名、フランス語サロン18名 参加費 3,200円(4回分)  申込み 9:00より窓口または電話にて     申込時に会話レベルを自己申告していただきます。     レベルは横浜市学生会館のホームページをご覧ください。 横浜市国際学生会館 電話 045-507-0318(申込み) 045-507-0121(問い合わせ) FAX 045-507-2441 〒230-0048 横浜市鶴見区本町通4-171-23 地図 横浜市国際学生会館は、留学生等への宿舎提供と市民の国際理解を目的として、横浜市が開設し、YOKEは指定管理者として運営しています。

なか国際交流ラウンジ・日本語教室

日常生活に役立つ日本語を楽しく学ぶ教室です。6人ぐらいのグループレッスンです。 期間 11月20日(火)~2019年3月19日(火)     毎週火曜日と木曜日(年末年始休暇あり) 時間 10:30~12:00 場所 なか国際交流ラウンジ(中区)地図 対象 ・日本語初級者。     ・原則として中区在住・在勤の16歳以上の方。 定員 30名(先着順)  参加費 6,000円(全30回)  申込み 来所または電話にて     グループ分けのためのインタビューがあります。     予約してください。 問合せ なか国際交流ラウンジ 電話 045-210-0667  FAX 045-224-8343     E-mail nakalounge☆yoke.or.jp (送信時に☆を@にしてください) YOKEは中区から委託をうけて、なか国際交流ラウンジを運営しています。

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square