日本語教室で「防災講座」/なか国際交流ラウンジ

なかラウンジの日本語教室で、6月28日に中区役所防災担当者による防災講座が行われました。 まず、震度0~7に関して、絵や写真、身振り手振りでの説明のあと、地震が起きたらどう行動するかについて、「ドアを開けて(出口確保)、頭を守る」等、具体的に学びました。自分の住んでいる所の避難所(学校名)を教えてもらったり、非常時用リュックに何を詰めたらいいかのワークをしたり、地震や津波のときにテレビや携帯・スピーカーから流れる音を実際に聞くなど、大変実践的な講座でした。 学習者からは、「とても有益でおもしろかった」「準備すべきことがわかった」などの感想が寄せられました。 講座担当者の方々にとっても、初級の学習者にどう伝えるとわかりやすいかを実践で感じ取っていただく機会となりました。

個別訪問事業「まちのにほんご伴走隊」/出張講座

地域の日本語・学習支援教室を応援する「まちの日本語伴走隊」では、このたび外国につながる小中学生のための学習支援教室「友ゆうスペース はーと友」さん(神奈川区)に呼んでいただき、YOKEスタッフによる勉強会を行いました。この教室では、生き生きとした子どもたちと優しいボランティアが楽しい時間を過ごしています。(支援者募集中だそうです!) 勉強会のテーマは、ボランティアの皆さんの希望で「地域で外国につながる子どもたちの学びをサポートするために」。支援者側がしてほしいことと子どもの思いとのギャップをどう埋めるかの話で盛り上がりました。その子の「したい」をどう引き出し形にするか。漢字かるたやポスター発表など、具体的な実践例を見ていただいたり、来たばかりの子どものためのコミュニケーションツールも紹介しました。 YOKEが行う「まちのにほんご伴走隊」は、それぞれの団体のニーズに応じた相談対応、出張講座、対話の場づくりなどを行います。相談費用は無料、活動年数や規模は問いません。どうぞお気軽にお問合せください!回数に限りがありますので、ご相談はお早めに! 詳細はこちらをご覧ください。

NPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会 パラフォト

2020オンピックに向け、日本で開催される大会にも多くの海外アスリートが出場する場面が増えてきました。 オリンピック・パラリンピックを機会に、障害のある人のスポーツを知り・知らせる取材活動に参加しませんか。 NPOメディアのジャーナリストとして、言葉や写真・映像の力で活動するメディア・ボランティアを募集します。 また、ご自宅でもできる多言語による取材サポートスタッフを同時に募集します。 関心をお寄せいただける方は、ぜひご連絡ください。 詳細はこちらのページをご覧ください。 Volunteer Recruitment;PARAPHOTO2020PROJECT Journalist/ Photographer "recruitment of para sports interview team / member by multilingual language". Application Requirements Overview Now, for the 2020 Tokyo Paralympic Games in two years, there are scenes where many overseas athletes participate in sports events in Japan. Do you participate in interviews with disabled sports? We are a collection of journalists of NPO media. We are looking for fellows to dem

夏休み!地球市民講座&国際機関で働きたい人のためのキャリアガイダンス

パシフィコ横浜会議センター内にある国際機関の協力を得て、国際機関が取り組む「食料・地球環境・都市問題」といった地球規模の課題を参加者に知ってもらい、自分たちにできる国際協力とは何かを考えるきっかけとしてもらう講座を実施します。 国際機関の活動に関心のある方、これから国際協力の分野で勉強や仕事をしようと考えている方、青少年教育にあたられている教職員の方々、ぜひご参加下さい。 平成30年度 夏休み!地球市民講座 セミナー① 日時 8月24日(金)10:00~12:00 テーマ FAO の食料問題への取組について 講師 ンブリ・チャールズ・ボリコ氏(FAO 国連食糧農業機関駐日連絡事務所長) セミナー② 日時 8月24日(金)13:00~14:45 テーマ 世界における熱帯林 の役割と日本への影響 講師 ラモン・カリーヨ氏(ITTO 国際熱帯木材機関広報担当官) セミナー③ 日時 8月24日(金)15:00~17:00 テーマ 界の飢餓と国連 WFP の食糧支援活動 講師 吉村 美紀氏(WFP 国連世界食糧計画日本事務所 民間連携推進マネージャー) *上記、時間内に各機関の事務所見学と職員によるキャリア・ガイダンスが含まれます。 第4回 国際機関で働きたい人のためのキャリア・ガイダンス セミナー④ 日時 8月25日(土)14:00~16:00テーマ 講師 萩野 敦年氏(外務省 総合外交政策局 国際機関人事センター 課長補佐) ゲストスピーカー 岡本 カミンスキ 健氏(UNDP(国連開発計画)本部人事専門官) -------------------------------------

ベトナムの若者は 今

~ベトナムの若者が日本で就労することについて考える~ ベトナムには「日本で働きたい」と思っている若者が多くいます。また、戸塚区内や周辺地域でも既に「技能実習生」として日本に働きに来てい る若者も増えています。 ベトナムで2ヶ月間「日本語の指導」を行い、ベトナムの若者の熱い思いに 触れてきた「さくら教室」のメンバーからの報告会です。 日本に来たベトナムの若者に対して、企業や地域がどのようにサポートして いったらよいのかを皆で考えていきたいと思います。 日時 7月15日(日) 13;30~15:30 場所 とつか区民活動センター 会議室 地図 内容 戸塚区内および周辺地域で働くベトナムの若者の思い ベトナム南部ロスエン職業訓練校の若者たちの姿 主催 ロスエン「さくら日本語教室」を応援する会 協力 とつか区民活動センター 定員 25名 参加費 無料 問合せ・申込み 飯塚 紀子 045-741-1756 (夜間) Eメール iwamozuku☆nethome.ne.jp (送信時に☆を@にしてください)

タイの市長らの日本での福祉訪問研修

タイの市長など自治体幹部を日本にお招きし、高齢者福祉・障害者福祉などを学ぶ会です。 タイの内務省幹部、タマサート大学幹部の他タイの自治体の市長などが大勢計85名いらっしゃいます。 7月3日のJICA横浜での講義に関して、オブザーバー(聴講)を募集しますので、ご参加いただける場合は連絡をください。 ----------------------------- タイの内務省、タマサート大学と共同で、6月、7月、8月と3回タイの自治体能力強化研修を実施します。第一回目は無事大盛況で終了しました。 終了済の概要はこちら ----------------------------- 日時 7月3日(火) 14:00から17:30 場所 JICA横浜 横浜市中区新港2-3-1 プログラム 日本のコミュニティケア:奥井利幸 野毛坂グローカル 日本のコミュニティケア事例:米岡美智枝:横浜市西区羽沢西部自治会長 日本の自治体高齢者/障害者サービス:中村信太郎 JICA国際協力専門員 高齢者/障害者福祉機器:渡辺長 帝京科学大学 公民連携による元気な高齢者支援政策(調整中) ※変更の可能性があります 問合せ 奥井 利幸(シニアコンサルタント・代表野毛坂グローカル)       TEL:050-3594-2523       Email: okui☆nogezaka-glocal.com (送信時に☆を@にしてください) 野毛坂グローカルホームページ Facebook

出発直前の青年海外協力隊の思いを聞こう!

野毛坂グローカルのイベントに参加いただいているお二人がこの7月に青年海外協力隊に参加します。せっかくなのでお二人の活動内容や現地で活動にむけた思いなどをシェアしていただきたいと思います。 まずはしんじゅく多文化共生プラザでざっくばらんにお話をしてもらい、その後近くで昼食をとりながらざっくばらんにお話しましょう。 急遽企画しまたので、奇跡的に都合のつく人少人数の会を予定しています。 ミニイベント:出発直前の青年海外協力隊の思いを聞こう! 日時 6月26日(火) 11:30から12:30(その後近くで昼食) 会場 しんじゅく多文化共生プラザ:多目的スペース 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 ハイジア11階(新宿駅徒歩7分) 話題提供者 清水香織さん(ソーシャルワーカーとしてスリランカ赴任予定) 郡司武史さん(水などの公衆衛生改善でカメルーンに赴任予定) 参加料 無料(昼食費は実費) 問合せ 奥井 利幸(シニアコンサルタント・代表野毛坂グローカル) TEL:050-3594-2523 Email: okui☆nogezaka-glocal.com (送信時に☆を@にしてください) 野毛坂グローカルホームページ Facebook

スタッフ募集/ほどがや国際交流ラウンジ

ほどがや国際交流ラウンジは、日本語教室、子どもの勉強会、相談窓口などを通じて在住外国人 を支援し、様々なイベントを通じて日本人と外国人が相互理解と 交流を深める機会を提供しています。 国際交流に関心がある方、ご応募をお待ちしています!窓口スタッフは、 日曜出勤可能な方 歓迎。(今回は日本人スタッフのみの募集です。) 募集職種および人数: 窓口スタッフ - 若干名会計スタッフ – 1 名 条件: 窓口スタッフ>外国語が堪能な方、パソコンが使える方(E-mail, Word, Excel 等) 勤務日数: 6~8 日/月 勤務体制/時間: 午前、午後各 2 名のシフト制 / 9:30~14:00~18:00 時給: 1,000 円 期間: 2018 年10月より、原則2年(以降更新あり、試用期間 3カ月) 説明会: 2018年9月1日(土) 13:30~4:30 横浜市岩間市民プラザ 3 階にて実施 応募される方は説明会に必ずご参加ください。 応募方法: 所定の応募用紙に記入の上、当ラウンジまで持参または郵送してください。 応募用紙は HP からダウンロードしてください。 申込期限: 2018 年 9 月 1 日(土) 選考: 書類選考後、面接とパソコン実技テストを 9 月 8 日(土)に実施します。 詳細は当ラウンジまでお問合せください。 ほどがや国際交流ラウンジ(NPO 法人 保土ケ谷国際交流の会) 〒240-0004 横浜市保土ケ谷区岩間町 1-7-15 横浜市岩間市民プラザ 1 階 (相鉄線天王町駅徒歩 2 分、JR保土ケ谷駅徒歩 10 分) 電話: 045-337-00

学習会案内ー農業分野における外国人技能実習制度の実態

国内で今 大きな課題になり始めています。 外国人技能実習制度について、実態を調べた報告があります。 東北大学で調査をされている院生から聞くことができます。 日時 6 月30 日(土)14:30-16:30 場所 なか区⺠活動センター研修室1 講師 佐藤陽菜さん 東北大学大学院生 参加費 500 円(学習会終了後、親睦会を開きます。料金は別途) 定員 20 人 申込み メール又は電話 <連絡事項> 件名「学習会参加希望」 お名前 連絡先 所属 問合せ 共生のまちづくりネットワークよこはま e-mail office☆kyomachi-yokohama.org (送信時に☆を@にしてください) 電話 080-5647-3100(小池)

「ホストシティメディアプロジェクト2014」の報告会

WTS横浜パラトライアスロン・取材プロジェクト「ホストシティメディアプロジェクト2014」の報告会を行ないます。 ご興味ある方、来年のパラトライアスロン取材でインタビューのボランティアなどご検討いただける方は、ぜひいらしてください。 「ホストシティメディアプロジェクト2014」は、横浜市民メディア連絡会のプロジェクトとして、パラリンピックを長年取材配信しているNPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト)が呼びかけ2年目になる、市民メディア化プロジェクトです。 パラスポーツ・ファンになろう! https://www.facebook.com/events/311826065639317/

通訳ボランティア初心者向け研修会参加者募集!

横浜市通訳ボランティア派遣事業 通訳ボランティア初心者向け研修会参加者募集! ベトナム語、カンボジア語、ネパール語、タガログ語ののできる方大歓迎です! 横浜市通訳ボランティア派遣事業では、日本語を十分に話せない外国人等が横浜市内の公共窓口や学校などで面談や手続きを行う際のボランティア通訳を派遣しています。 この度、制度の概要や活動内容について、実際にボランティア通訳として活動している方のお話を交えてご紹介する初心者向け研修会を開催いたします。 ご自身の語学力を活かして外国人の応援をしてみたい方には、通訳ボランティアとしての活動を始める第一歩となる機会ですので、ぜひお申込みください。 なお現在英語、中国語、スペイン語での登録者数が大変多くなっているため、今回の募集は英語、中国語、スペイン語以外の言語ができる方に限らせていただきます。 制度の詳細はこちら  日時: 2018年7月3日(火)13:30-16:00 *受付開始は、13時です。       ※登録を希望される方は、終了後登録手続きを受け付けます。 なお、ご登録いただいても、活動の機会がない場合があります。ご了承下さい。  会場: パシフィコ横浜 横浜国際協力センター6階 共用会議室 地図      ※みなとみらい線みなとみらい駅下車 徒歩7分 JR・市営地下鉄桜木町駅下車 徒歩15分   対象: 日本語と外国語(英語、中国語、スペイン語を除く)の出来る方で、 横浜市通訳ボランティアとしての登録を検討されている方 及びすでにご登録されている方で同様の研修会に参加したことのない方 ※特にベトナム語、

保育園・幼稚園についての説明会-こどもをあずけたいけど、どうすればいいの?-

保育園と幼稚園の違いや、利用方法について知ることができます。 個別の相談にも応じます。 お子さんと一緒に参加できます。 日時:2018年7月17日(火)10:00-11:30 場所:西区地域子育て支援拠点 スマイル・ポート    みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩約5分 内容:保育園と幼稚園の違い    一時保育について    西区の幼稚園について・先輩ママの話    個別相談 お申込み・お問合せ: スマイル・ポート    Tel 045-264-4355    E-mail fujimura☆smile-port.jp (送信時に☆を@にしてください) 主催:西区地域子育て支援拠点スマイル・ポート     (公財)横浜市国際交流協会 協力:多文化ひろばサークルMama Glad    西区役所 こども家庭支援課 画像をクリックするとチラシ(PDF)を見ることができます↓

外国人等の就職相談会・面接会

外国人等の就職相談会・面接会 介護の仕事に興味がある外国人の方、お待ちしています。 日時 2018年8月1日(水)13:00~15:30 場所 横須賀市産業交流プラザ 研修室 アクセス 京浜急行「汐入駅」下車徒歩1分 内容 座談会 13:00~14:00(第2研修室) 相談会 14:00~15:30(第1研修室) 問合せ 公益社団法人 横浜市福祉事業経営者会 電話 045-846-4649 E-mail ss3☆biscuit.ocn.ne.jp (送信時に☆を@にしてください) 横浜市社会福祉事業経営者会ホームページ

日本語・学習支援ボランティア養成講座<入門編>「外国につながる子どもたちをサポートしてみませんか」

西区でも、外国につながる子どもたち(注)が増えています。 日常会話はできても、学校の勉強を理解するのは大変です。子どもたちには、寄り添って楽しくサポートしてくれる方が必要です。外国語は話せないという方でも大丈夫! 西区で育つ多文化の子どもたちの現状を知り、ボランティア活動を始めてみませんか? 日時 2018年7月9日(月)15:00~17:00、7月13日(金)15:00~17:00 会場 にしく市民活動支援センターにしとも広場(西区役所1階)地図 定員 20名(西区在住・在勤の方優先) 対象 高校生以上の方 受講料 無料 お申込 チラシ(申込書)に必要事項をご記入の上、 FAXまたはEメールにてお申し込みください。(7月4日(水)締切) 申込、問合せ先 にしとも広場TEL/FAX:045-620-6624 Eメール:ni-shiencenter☆star.ocn.ne.jp (メール送信時に☆を@にしてください) 講師  公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)、ユッカの会  主催 にしく市民活動支援センターにしとも広場  共催 公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)、ユッカの会 <プログラム > ※全2回講座です。1日のみ参加ご希望の場合はお問合せください。 -1日目- 2018年7月9日(月)15:00~17:00 「外国につながる子どもたちのことを 知ろう」 ・横浜市内・西区内の外国人住民の 状況と多文化共生の取り組み ・「外国につながる子どもたち」って? -2日目- 2018年7月13日(金)15:00~17:00 「外国につながる子どもたちの支援につい

第33回英語で多文化セミナー/横浜YWCA

“I Wonder What Language This Is?” 日本で長年生活されていて、時々日本人が話す英語らしき言葉に戸惑うダグさん。例えばベビーカー、シャープペンシル、スキンシップ、ハイタッチなどは、英語を母国語とする人たちにとって、本来の英語ではないとのこと。今回はこれら和製英語をいくつかのカテゴリーに分けて楽しくお話し下さいます。 日時 2018年7月28日(土)14:00~15:30  場所 横浜YWCA 1F ラウンジ     中区山下町225 JR根岸線、地下鉄「関内」下車徒歩7分 ゲスト Doug Lexa (アメリカ出身 国際音楽プロモーター) 参加費 1000円(学生 500円) 申込み 前日までに、下記に電話もしくはE-mailで申込み下さい。     電話 045-681-2903     Email office-yokohama☆ywca.or.jp (メール送信時は☆を@にしてください)

国際理解講座 知ることから始めよう!/こんにちは・国際交流の会

国際理解講座 知ることから始めよう! 中国人も知らない 中国の魅力~ふるさと・お祭り・神話・・・~ NPO法人こんにちは・国際交流の会日本語教室の中国人学習者がさまざまな「中国の魅力」について話します。 日時 7月15日(日)13:30~15:30 会場 鶴見区福祉保健活動拠点(区社協)多目的研修室A・B 地図 定員 50人(申込順・参加費無料) 申込先 ハガキかFAXにて 〈連絡事項〉名前(ふりがな)・住所・電話・メールアドレス 〈宛先〉〒230-0051 鶴見中央4-37-37 リオベルデ鶴声2F 鶴見区福祉保健活動拠点内 NPO法人こんにちは・国際交流の会 〈FAX〉045-504-5616 問合せ 090-5757-7644(ときた)

世界の家庭料理 第3回ネパール共和国/ユッカの会

世界の家庭料理 第3回ネパール共和国 アニットさんにお料理とネパールのことを教えてもらおう! 日時 2018年6月16日(土)11:00~14:00 <スケジュール>     11:00~12:20 料理を作ろう      ・ビリヤーニ(炊き込みごはん)      ・チキンカレー      ・ダブルカミタ・チャイ     12:20~13:20 ランチタイム     13:20~14:00 アニットさんとお話をしよう  場所 あーすぷらざ「ともしびカフェポエム‘10」 参加費 500円(材料費)     定員 20名  対象 小学生以上(外国籍の方、親子での参加大歓迎) 持ち物 エプロン・三角巾(バンダナでもOK) 申込み ともしびカフェ ポエム‘10 電話 080-6888-9441     ユッカの会 木野 電話 090-5766-7853

外国につながる若者たちのチャレンジ ~Rainbowスペースの取組から~

外国につながる若者たちのチャレンジ ~Rainbowスペースの取組から~ (2018年2月3日「よこはま国際フォーラム2018」参加セミナー) なか国際交流ラウンジの「学習支援教室」を卒業した若者たち『にじいろ探検隊』のメンバー7名とコーディネーターの林錦園さんが、外国につながる子ども・ 若者のために、安心できる居場所としてRainbowスペースをたちあげた経緯や思いを語りました。 外国につながる若者の自立をサポートするためには、「つながり」、 「自己肯定感」 、「アイデンティティーの確認」が不可欠であることが、セミナーの中で確認されました。自分達の経験を踏まえ、同じような悩みを持つ後輩や同年代の力になりたいとメンバーからは力強い発言がありました。会場ではYOKE坂本事務局長から、Rainbowスペースのように外国につながる当事者が居場所をつくることに一層意味があり、市内の各所でも同様の取組が広がっていくことに期待しているとのコメントがありました。当日は111名(第1部83人・第2部28人)の参加者から多数の質問が寄せられ、関心の高さが伺えました。

情報発信の方法は紙が良いのか、ウェブが良いのか?

情報発信の方法は紙が良いのか、ウェブが良いのか? やさしい日本語 翻訳編集チーム グループみらいのみなさんと情報の発信方法を考えました。 情報発信をする際、みなさんはどのような媒体を使っていますか? 私たちは、外国人のみなさんを対象とした情報発信を行っていますが、どのような方法で行うことが情報を受取る外国人のみなさんに良いのか模索中です。 多言語情報発信「よこはまyokohama」やさしい日本語版は、長年グループみらいのみなさんの翻訳・編集作業により発信を継続することができています。私たちは、「よこはまyokohama」やさしい日本語版を、日本人と日本語が不自由な外国人とをつなぐ生活情報提供ツールの一つとして位置づけ、どのような方法が一番良いか共に考えました。 ↑画像:グループみらいのみなさんと検討中 インターネットで情報を探す人が多い 「よこはまyokohama」やさしい日本語版は、2001年7月に創刊以降2009年まで毎月A4版4ページの紙媒体で発行していました。その後、PD形式で発信する方法に変更となり、最近ではインターネットで情報を得る人の割合が多い理由*から2017年6月以降PDF形式での発信を停止し、ブログでの発信方法へ変更しました。 http://yokoyokonihongo.blogspot.jp/ ↑画像:よこはまyokohama やさしい日本語創刊号と2017年5月号 ↑画像:よこはまyokohama やさしい日本語ブログ -------------------------------------------------------------------

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square