外国人が越してきた~オロオロそれともワクワク?~

緑区国際フォーラム 「外国人が越してきた~オロオロそれともワクワク?~」 区内に住んでいる 異なる文化や習慣を持つ外国人の状況と外国人をサポートするNPO等を紹介し、区内で誰もが一緒に安心して暮らせる多文化共生のまちづくりについて、参加者とともに考えます。 日時: 2月11日(日)13:30~16:00       場所: 緑区市民活動支援センター(みどりーむ)地図 参加費: 500円(茶菓子代含む)     募集人数: 50人 内容: 第1部:緑区の外国人状況 過去/現在/将来           第2部:パネルトーク コーディネーター: 裵 安さん(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事長) パネリスト: 田中 淳子さん(あすなろ日本語サークル 代表) 根本 壮一郎さん(ジャパンハウジング(株) 代表取締役社長) 泉 ノンヤウさん 呉 恬儀さん      主催: 共生のまちづくりネットワークよこはま   共催: 緑区国際フォーラム実行委員会           NPO法人WE21ジャパン・みどり、みなみ台多世代交流バザール           地域の国際交流部会、NPO法人グリーンママ、KIC           オリーブみどり  後援: (公財)横浜市国際交流協会、緑区役所 申込み受付: 2018年1月11日(木)から 問合せ/申込み先: 共生のまちづくりネットワークよこはま e-mail office☆kyomachi-yokohama.org 送信時に☆を@にしてください。      電話 080-5049-7949(飯田)、080

学生7名の思いから国際協力/交流/多文化共生を学ぼう!

学生7名の思いから国際協力/交流/多文化共生を学ぼう!  (多様な年代の方の参加を期待しています) 国際交流や協力、多文化共生活動には様々な手法があります。例えば、「森林を守ろう」という目的であっても「森を原生林のまま保護すること」が必ずしも森林保護に結びつかないこともあります。 たとえば森林火災に備え予め伐採することもありえるし、場合によっては森林を伐採して経済活動を行うことによりむしろ森林の維持発展につながる場合もあります。目の前の困っている人に直接支援する方法もあれば、間接的に支援を行う方法もあります。そのような技術を考え学ぶのはとても大切ですが、実は人間と人間が向かい合い感じることがなにより国際理解に一番大切ではないかと思います。若い人が、国際協力/交流/留学/旅行などでまっすぐに感じたことや考えがむしろ本質であることも多くあると思います。  スピーカ7名の考え、意見を傾聴し、学び合う会にしたいと思います。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- 国際協力/交流/多文化共生に関する経験豊富な人の参加も期待しています。 若い人の新鮮な感性から学べたらと思います。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- 日時: 12月6日(水) 18:05~20:45(

外国人無料法律相談会を実施しました

外国人無料法律相談会を実施しました 11/22神奈川県弁護士会との共催による無料法律相談会を実施しました。 今回は、中国語・スペイン語など、計7組のご相談がありました。 通訳付きで無料法律相談を受けられる機会は増加しており、日本語の不自由な方や外国籍特有のご相談への対応は充実してきてはいるものの、やはり法律専門家への相談は敷居が高いものです。 YOKEでは、関係機関との連携により、今後もこうした専門相談の機会を提供していきたいと考えています。

専門通訳ボランティア研修会を実施しました。

専門通訳ボランティア研修会を実施しました。 11/20専門通訳ボランティア登録者ほか23名の参加をいただき、「専門通訳ボランティア研修会」を実施しました。 今回は、通訳派遣件数の増えている地域療育センターから佐藤克也氏(中部療育センター)を講師にお迎えし、「子どもの障がいに関わる通訳」をテーマとして学び、また意見交換を行いました。 平成28年度の療育センターへの派遣件数は139件。横浜市では、全乳幼児のうち療育センターを利用するお子さんは10%を超えてきています。これからも増加が予想される療育に関する通訳について、専門的な用語や制度、関係機関について学び、また実際に通訳を経験されたボランティアの方々の体験を共有しました。 <参加者アンケートから(抜粋)> ・療育センターの役割や学校への支援制度を知ることができた。 ・自分だけが悩んでいることを話せてよかった。 ・発達検査の質問の訳出について学べた。 横浜市通訳ボランティア派遣制度では、今後も定期的に研修会を実施します。専門通訳ボランティアは現在新規の登録を受け付けていませんが、ご関心をお持ちの方は今後のご案内をお待ちください。

世界の家庭料理 第1回 タイ王国/ユッカの会

世界の家庭料理 第1回 タイ王国/ユッカの会 レーさんにお料理とタイのことを教えてもらおう! <メニュー>トムカーガイ(鶏肉のココナッツスープ) ヤムウンセン(シーフードと春雨のサラダ) サークーガティ(デザート) ★お料理は少し辛いです 日時:12月9日(土)11:00~14:00 11:00~12:20 料理を作ろう     12:20~13:20 ランチタイム     13:20~14:00 レーさんとお話ししよう 場所:ともしびカフェ ポエム‘10    (栄区小菅ケ谷1-2-1 神奈川県立地球市民かながわプラザ1F) 参加費:500円(材料費)    定員:20名 対象:小学生以上(外国の方、親子での参加大歓迎) 持ち物:エプロン・三角巾(バンダナでもOK) 申込み:ともしびカフェポエム‘10 電話 080-6888-9441 ユッカの会 木野 電話 090-5766-7853

第30回 英語で多文化セミナー

第30回 英語で多文化セミナー /横浜YWCA “Cultural Difference between Japan and Philippines from the eyes of philipina” 1997年に来日されたミリアムさん、日本で妊娠、出産する在日フィリピン女性から、言葉の壁や医療システムの違いに悩む電話を受けて相談にのっておられます。 日本語講師養成講座を受けて日本語能力検定試験に合格され、日本語もマスターしようと頑張っておられます。 今回は日本とフィリピンの子育て事情の違いについてお話し下さいます。 日時: 2018年1月13日(土)14:00~15:30   場所: 横浜YWCA 1F ラウンジ 地図 ゲスト: Miriam T. Suzuki (フィリピン出身 多言語支援センターかながわ“MICかながわ”通訳) アクセス: JR根岸線 関内または石川町駅下車 地下鉄 関内駅下車       みなとみらい線 日本大通り駅下車 各徒歩8分 参加費: 1,000円(学生500円)  申込み: 前日までに電話またはEメールでお申し込み下さい。 電話 045-681-2903 E-mail office-yokohama☆ywca.or.jp (送信時に☆を@にしてください) 横浜YWCA 第30回英語で多文化セミナー ホームページ

英語・中国語医療通訳公開講座基礎講座/MICかながわ

英語・中国語医療通訳公開講座基礎講座/MICかながわ 主に、医療通訳に関心があり地域で活動している通訳ボランティア、家族や友人のために医療通訳をする機会のある方、外国籍患者対応に関心のある医療従事者などが受講しています。日常会話が不自由なくでき、語学検定2級程度以上の語学力があるかたなら、どなたでも受講できます。 英語 日時:1月10日~2月28日 毎週水曜 午前クラス、夜クラス 定員:定員15名/各クラス(先着順) 中国語 日時:1月25日~3月22日(2/22は休み) 毎週木曜 夜クラス 定員:10名 (先着順) 英語・中国語共通情報 受講料:17,280円(全8回、消費税込み)  会場:横浜駅近辺 申込み:こちらから申し込んでください。 アクセスできないは、E-mailで申込んでください。 mickanagawa☆network.email.ne.jp (送信時に☆を@にしてください) 問合せ:MICかながわ 電話 045-314-3368 その他連絡事項: ・希望者が少ない場合、開講できない場合がありますので、ご了承ください。  ・基礎クラスの修了者は、中級クラス、上級クラスに進級することができます。 くわしくはホームページをご覧ください。  なお、この公開講座はMICかながわの医療通訳に登録するための講座ではありません。 お申込みをお待ちしております。

鶴見区・保育協力者養成講座へ出講

鶴見区・保育協力者養成講座へ出講 YOKEでは外国につながる親子支援のため、子育て支援関係者向けの講座・親子日本語教室・子どもの言語習得に関する勉強会・通訳派遣などを行っております。 この度、鶴見区の保育ボランティア連絡会様からのご依頼により、保育協力者養成にむけた連続講座の1コマを担当させていただきました。 「外国人親子との関わり」というテーマで、鶴見に暮らす外国人の概況・外国出身の保護者の方による経験談・「やさしい日本語」「伝えるための工夫」とワーク、という内容で行いました。 受講された方からは、 「まだまだ『接し方が分からない』という方もいる中、良いきっかけになったと思う。」 「外国出身のお母さんにお話を聞いて、気になっていた事の理由がわかり、とても参考になった。」 などのコメントをいただいております。 子育てについても文化や世代間で大きな違いがあり、保育・協力といったデリケートな場面で誤解や戸惑いが生じやすい状況があります。 今後も当事者の方のお話を聞いていただく機会をつくり、地域の皆様と情報交換をしながら、必要な取り組みに反映していきたいと思います。 ----------------------------------------------- YOKEの子育て支援事業に関することなど、 お気軽にお問合せください! 日本語学習コーディネート担当 藤井・福徳 045-222-1173 c-nihongo@yoke.or.jp -----------------------------------------------

多文化相談ボランティア養成講座

多文化相談ボランティア養成講座 横浜YMCAとかながわ外国人すまいサポートセンター協働の多文化相談ボランティア養成講座へのご案内です。今回は特に素晴らしい講師をお招きしております。 ぜひ、ご参加くださいますようお願いいたします。 日程: ☆入門講座 10月28日(土)10:00~10:50 ☆後期(全4回) 10月28日(土) 11:00~13:00 11月18日(土)9:00~11:00 12月9日(土) 10:00~12:00 2018年1月20日(土)10:00~12:00 会場: 横浜中央YMCA(JR関内駅南口徒歩5分)     横浜市近郊でのフィールドワーク 参加費: 入門講座500円      後期講座 3,000円(全4回)/1,000円(単回) 定員:20名※定員になり次第締切 主催:横浜YMCA 共催:NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター 申込み: メールにて annp☆trust.ocn.ne.jp (送信時に☆を@にしてください) <連絡事項> ①お名前、②連絡先(電話番号、Eメール、FAX)③受講のきっかけ 【入門編】 10/28(土)10:00~10:50 会場:横浜中央YMCA 多文化入門講座 講師:裵 安さん (NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事長) 【前期】 第1回:10/28(土)11:00~13:00 会場:横浜中央YMCA 在日朝鮮人と朝鮮学校の歴史と変遷(仮) 講師:李柄輝さん(朝鮮大学校教員) 第2回:11/18(土)9:00~11:00 会場:横浜中央YMCA 日本の外国

外国学修歴・資格認証(FCE)連続セミナー

外国学修歴・資格認証(FCE)連続セミナー 高等教育のグローバル化、国境を越えた人材流動化がすすむ中で、国外での学歴や資格取得をもつ者を受け入れる際の外国学修歴・資格認証(FCE)は、高等教育機関の国際通用性と接続性を高め、多様な人材を受け入れるために不可欠な機能です。欧米や豪州では、リスボン認証条約(1997年)が規定とFCEの基本理念に基づいて、専門機関による資格認証がおこなわれています。日本が多様な国から留学生や高度人材を受け入れていくうえで、FCEのシステムや概念をどう受け入れていくかが問われていいます。今回の連続セミナー、欧州調査・研修では多面的な視点からFCEと人材流動化の課題を検証していきます。 【連続セミナー第1回】(Webinarにより同時配信予定) 日程: 2017年11月18日(土) 13時30分-16時00分 開催場所: 東洋大学白山キャンパス10号館3階A301 内容: 「外国学修歴・資格認証(FCE)と人材流動化の課題-定住外国人受入れと資格認証-」 <問題提起> 芦沢真五(東洋大学国際学部教授) 「資格認証はなぜ必要か」 <講演> Chris Burgess(津田塾大学教授)「多文化、国際化、開国のジレンマ」 毛受敏浩(公益財団法人日本国際交流センター執行理事)「限界国家が直面する課題」 吉本圭一(九州大学主幹教授、第三段階教育研究センター長)「NQF導入の意義と将来展望」 【連続セミナー第2回】(Webinarにより同時配信予定) 日程: 2017年12月7日(木)  18時30分-20時00分 開催場所: 東洋大学白山キ

通訳ボランティア交通費等お支払いスケジュールの変更

通訳ボランティア交通費等お支払いスケジュールの変更 この度「横浜市通訳ボランティア派遣制度」では、派遣件数の増大に係る経理事務及び経費削減による事業運営の合理化を図るため、平成30(2018)年1月1日より、下記の通り、交通費(または謝金)のお支払いスケジュールを変更させていただくことになりましたので、謹んでお知らせ致します。皆さまには何卒ご協力の程お願い申し上げます。 (現) 毎月末お支払い(活動報告書A到着分) (新) 四半期毎(6月・9月・12月・3月)月末お支払い(活動報告書A到着分)     ※前年度分未処理分については、4月末にお支払い致します。

上映会とトークセッション「いただきます みそを つくる こどもたち」

ドキュメンタリー映画「いただきます みそを つくる こどもたち」の上映会とトークセッション FAO(国連食料農業機関)駐日連絡事務所では、11月21日にドキュメンタリー映画「いただきます みそを つくる こどもたち」の上映会とトークセッションを開催します。 映画では、玄米、みそ汁の伝統的な和食で育っていく福岡市の高取保育園の園児を取り上げています。「おいしいものは残さない」。その言葉通り、200人を超える園児からの食べ残しは、ほとんどありません。 映画上映を通して、食べ物の大切さを改めて感じ、また食料ロスの問題についても考えていきます。 上映後には、オオタヴィン監督と、農林水産大臣認定、地産地消の仕事人・椿直樹さん(「濱の料理人」代表・「大ど根性ホルモン」オーナーシェフ) が味覚(うまみ)や学校・地域との連携、自分の手で作る”価値”についてのトークセッションを行います。  日時:2017年11月21日(火)10:00~(9:30~受付・開場) 会場:横浜情報文化センター 情文ホール 6階 地図 参加費:無料(イベント終了後に、即席お味噌汁をご提供します) 定員:160名(先着順) 申込み:こちらから申し込んでください。 問合せ:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所: Tel 222 - 1101 ■当日のプログラム■ 10:00 開会挨拶 横浜市資源循環局 10:05 映画上映(65分) 11:10 トークセッション 11:45 閉会挨拶 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 チャールズ・ボリコ ※その後、ホワイエにて即席お味噌汁をご試食いただけます。 共催:国

神奈川県内企業 x アジアからの留学生 ジョブフェア

神奈川県内企業 x アジアからの留学生 ジョブフェア <要予約> 神奈川県は、アジアからの留学生のみなさんに向けて、ジョブフェア(合同会社説明会)を開催します。 アセアン諸国、中国、韓国、台湾で新たにビジネスをしようとしている会社や、すでに、海外で事業を行っている会社が集まります。いずれの会社も、アジアからの留学生を採用 しようと考えている会社ですので、ぜひ参加して、企業の人と直接話し てみませんか。働きやすい雰囲気を感じることができると思います。 あるいは、日本の技術力の高さに感心するかもしれません。 みなさんの国と神奈川の架け橋に。 みなさんのご参加を心からお待ちしています。 日時: 2017年11月21日(火)    13:30- 受付開始    14:00-14:30 基調講演1回目    15:00-15:30 基調講演2回目    14:30-17:00 合同会社説明会(テーブルセッション) 場所:新宿三井ビルディング 地図 アクセス: 都営大江戸線「都庁前」駅 徒歩5分       東京メトロ丸の内線「西新宿」駅 徒歩6分       JR山手線・埼京線・中央線、小田急線、京王線「新宿」駅徒歩15分 申込み:こちらから参加予約してください。 しめきり:11月20日(月)17:00(必着) ※参加予約をしないと会場に入れません

【御礼】寄附をいただきました。

【御礼】寄附をいただきました。 10月27日、国際ソロプチミスト横浜西(会長・中田幸子様)より、寄附金50,000円をいただきました。 この寄付金は、外国人子ども教育支援のために使わさせていただきます。ありがとうございました。 YOKEでは、みなさまから寄附のご支援をお願い申し上げております。 寄附いただく際に支援したい分野を選択いただことができます。 ・外国人子ども教育支援 ・在住外国人への情報提供支援  ・留学生支援  ・国際交流・協力支援 詳しくはこちらのページをご覧ください。 みなさまからの温かいご支援をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

第14回WEフェスタ2017秋 チャリティバザール 開催

第14回「WEフェスタ2017秋 チャリティバザール"もったいないは世界につながる!"」を開催いたします。 WE21ジャパン・グループのチャリティショップ「WEショップ」、30か国に広がる民際協力、古着を活かすリメイク文化を広くアピールし、皆さまにご参加・ご支援を呼びかけます。 全国から寄付される品物(衣類や食器、バッグ・くつ、日用雑貨、着物など)を販売するチャリティバザールは、WE21ジャパン・グループが集う最大のイベントです。 リユースとリサイクル、リメイクの活動を発信することで、資源を有効に活用する「もったいない文化」を世界へ広めます。 第14回を迎えた今回は、横浜産貿ホール1F展示場全区画のスペースで開催し、イベント交流スペースとリメイクコーナーを拡充します。平日開催ですので、これまで参加されたことのない皆さまや小さなお子さま連れの方も楽しめるよう、子どもコーナーもご用意します。 日時:2017年11月9日(木)10:30-16:00 会場:横浜産貿ホール1F展示場 地図 アクセス:みなとみらい線「日本大通り」駅より徒歩5分 ※チャリティ企画として「世界の子どもの日」(11/20)にあわせ、当日の売上金から10%を"子ども支援"に寄付(カンボジア、パレスチナ、福島の子どもたちの支援)。 HPへはこちらをご覧ください。

アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターの学生たちと語ろう!

平成29年度 「地球市民講座」 アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターの学生たちと語ろう! 主に北米の日本研究の専門家や日本関係の実務家を目指す学生・大学院生を対象に中・上級レベルの日本語を教えるIUCの活動を知る講演と、在校生をゲストに日本語でグループディスカッション 【第1部】講演  講師・青木惣一さん(IUC副所長・教授)  【第2部】ディスカッション ゲスト・IUCの在校生 日時:12月8日(金)17:00~19:00  場所:横浜市国際交流協会(YOKE) 地図 参加費:500円  対象:高校生~30才以下の方及び教職員  備考:教職員の方は年齢制限がありません  定員:30名(先着順) 申込み:11月13日(月)9:00~電話またはE-mailにて <連絡事項>       ①氏名 ②年齢 ③TEL ④ディスカッションの際の関心のある分野      以下の(ア)~(カ)の中から希望を3つお知らせください。           (ア)日本の歴史(イ)日本文化 (ウ)日本文学(エ)日本の社会       (オ)日本の政治・経済(カ)その他 YOKE地球市民講座担当 電話 045-222-1174 E-mail chikyu☆yoke.or.jp (送信時に☆を@にしてください)

外交官とのカジュアルトーク

なか国際交流ラウンジ 国際理解セミナー 外交官とのカジュアルトーク 米国国務省日本語研修所で日本語を研修中の外交官達を招き、日本語で交流していただくイベントです。文化・生活・歴史など、彼らが日本について知りたいこと、疑問に思っていること、また参加者が彼らに聞いてみたいことなどをテーマに、カジュアルな雰囲気で会話と交流を楽しみます。 (日本語で行います) 日時:12月9日(土)10:30~12:00  場所:なか国際交流ラウンジ 地図 ゲスト:米国国務省日本語研修所で研修中の外交官10数名(予定)  定員:24名(先着順、初参加者優先)  参加費:500円(お茶代込み)  申込み:11月14日(火)10:00~電話・メールのいずれかにて それ以前の申込みは受付けません <連絡事項>      ①氏名 ②住所 ③電話番号 ④過去に参加したことがあるか ⑤外交官に聞いてみたいこと  電話 045-210-0667 E-mail nakalounge@yoke.or.jp(送信時に☆を@にしてください) ―YOKEは中区から委託をうけて、なか国際交流ラウンジを運営しています。―

まちのにほんごプラットフォーム

まちのにほんごプラットフォーム 外国人×日本人クロストーク「ともに暮らす・働く・育てる」を語る ― コミュニケーションの視点から― --------------------------------------------------------------------------------------------------- 介護現場で、学校で、保育園で… 生活の中での外国人・日本人の「コミュニケーション」にまつわる事例を紹介します。 双方の視点や経験を共有し、多様な工夫がもたらす可能性について考えます。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- 日時:11月26日(日) 13:00~16:00 場所:横浜市国際交流協会 共用会議室 地図 講演・ファシリテーター: 岩田 一成先生(聖心女子大学准教授) 話題提供:特別養護老人ホーム・小学校国際教室・保育園      ・外国出身の保護者の皆様 対象 : 介護事業、福祉関係者・学校関係者・保育園幼稚園関係者    ・ 子育て支援関係者・テーマに関心をお持ちの方 定員: 50名(先着順)  申込み: 10月10日(火)~電話・メールのいずれかで。     次の①~④をお知らせください。     ①氏名 ②連絡先 ③住所(居住区)  ④所属団体 多文化共生課 日本語コーディネート事業担当 電話 045-222-1173 E-mail c-nihongo☆yoke.

みなみラウンジ日本語ボランティア講座 【基礎編】

みなみラウンジ日本語ボランティア講座 【基礎編】 外国につながる小中学生への日本語・学習支援のための基礎知識など 日時: 2018年1月13日(土)・1月27日(土) 10:00~12:00 全2回 講師: 松井孝浩氏(鶴見国際交流ラウンジ館長) 関口明子氏(公益社団法人国際日本語普及協会理事長) 場所: みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ 対象: ・原則として南区内で外国につながる子どもを支援している人 ・これから始めたい人 ・全回参加できる人 定員: 25人(12月11日から先着順) 費用: 無料 申込: 12月11日(月)から来館・電話・メールのいずれかにて。 <連絡事項> ①講座名②住所③氏名(ふりがな)④年齢⑤電話番号 ⑥あれば現在所属する日本語ボランティアグループ名⑦志望理由 問合せ: みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ 〒232-0024 浦舟町3-46浦舟複合福祉施設10階 電話 045-232-9544 メール minami-kouza☆yoke.or.jp (送信時に☆を@にしてください)

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square